ロング・グッドバイ・サウンドトラック 5/14より発売!!

A12IZjyj+BL._AA1500_

大友良英「ロング・グッドバイ」オリジナル・サウンドトラック
2014年5月14日(水)発売/価格:3,240円(税込)VICL- 64163

 

1. ロング・グッドバイ オープニングテーマ 1
2. さよならを言うことは
3. ハードボイルドのテーマ
4. 抵抗
5. 亜以子のテーマ 1
6. 狂気
7. 探索
8. 磐二のテーマ 1
9. ロング・グッドバイ オープニングテーマ DEMO
10. 時代
11. 哀しみ
12. 亜以子のテーマ 2
13. ロング・グッドバイのテーマ・ヴァリエーションA
14. 上井戸譲二のテーマ 1
15. 原田保のテーマ
16. 潜入
17. 不自由な愛
18. こんな時代に生まれて 2
19. 闇夜の包帯娘
20. 謎の糸口~ロング・グッドバイのテーマ・ヴァリエーションB
21. 磐二のテーマ 2
22. 闘い
23. 原田平蔵
24. こんな時代に生まれて 1
25. 焦燥~ロング・グッドバイのテーマ・ヴァリエーションC
26. 亜以子のテーマ 3
27. 闇
28. 夕日
29. ロング・グッドバイ オープニングテーマ 2
30. さよならを言うことは Acoustic 2

 

【大友良英ロンググッドバイ・スペシャルビッグバンド・メンバー

大友良英 エレクトリックギター、リゾネーターギター、 ギターバンジョー
佐々木史郎 トランペット、フリューゲルホーン
類家心平 トランペット
梅津和時 ソプラノ、アルトサックス、クラリネット、バスクラリネット
鈴木広志 アルト、テナー、バリトンサックス、バスクラリネット、フルート、
後関好宏、アルト、テナー、バリトンサックス、
今込 治 トロンボーン
木村仁哉 チューバ
江藤直子 ピアノ、セレスタ、エレクトリックピアノ
近藤達郎 オルガン、シンセサイザー、ハーモニカ、アコーディオン
水谷浩章 コントラバス
芳垣安洋 ドラムス、タール、グランカッサ
相川 瞳 マリンバ、バスマリンバ、ヴァイブラフォン、スネアドラム、クロテイル、ボンゴ
堀米 綾 ハープ
柴田晶子 口笛
スレンジャブ・バトスレン 馬頭琴、ホーミー
常味裕司 ウード
Sachiko M サインウェイブス
福島リラ ヴォーカル

佐々木次彦 指揮
金原千恵子ストリングス

作曲 大友良英、江藤直子
編曲 大友良英ロンググッドバイ・スペシャルビッグバンド
ストリングアレンジ 江藤直子

劇中曲「さよならを言うことは」
歌 福島リラ
作曲 大友良英
作詞 エドモン・アクロール、作詞補 有馬寿美

録音 2014年1月4日、1月26日、 3月19日、NHK506スタジオ
MIX   2014年3月20~21日 NHK604スタジオ 4月2日NHK506スタジオ 

エンジニア高橋清孝
アシスタントエンジニア 森山芳晴 西村靖宏 中井レイ
音響デザイン NHK 鈴木希弥 吉田直矢

原作 レイモンド・チャンドラー
脚本 渡辺あや
制作統括 城谷厚司 谷口卓敬
演出 堀切園健太郎
出演 浅野忠信 綾野剛 小雪 古田新太 富永愛 遠藤憲一 吉田鋼太郎 柄本明ほか

音楽プロデュース 大友良英
音楽制作 佐々木次彦
音楽制作アシスタント 樋口勇輝、佐藤隆範
サウンドトラックCDディレクター 木谷徹(ビクター)
CDマスタリング 袴田剛史

 

『出張・サミ子の部屋』珍道中。

IMG_2576
【うわさの小説宝石(4月号)

 

はい。ごきげんうるわしゅう。

「出張・サミ子の部屋〜九州編」における移動中の読み物として
うわさの小説宝石を購入しました。

(うわさの=Sammyのうばじゅ便〜「河野さん。」参照。)

 

ええ。そう。

ちゃんとお金を出して買いましたよ〜!!
、、、的な証拠写真を押さえようと
中にはさまっていた別冊付録を取り出したとき

思わず我が目を疑ってしまいました。

 

え?

 

瞳をこらして
よーく見てくだサミ・・・
IMG_2576_ss

 

じぇじぇじぇっっっ???

(おくらばせながらじぇじぇじぇ乱用中ですが何かwww)

 

ってか、ヤバくないですか。ヤバいですよね。

こんな袋とじまがいの別冊付録が
もれなくいただけるとはつゆ知らず。

こんなたいそうなものを持ち歩いてるのが見つかったら
お嫁に行けなくなるわ〜ってことで
さっさと鞄にしまおうとしたそのときっっっ!!

ええ、はい。
皆サミのご期待通り
床に落としてしまいまして。

隣に座っていた
ロマンスグレー風のおじさまが
すかさず拾ってくださいまして。

ええ、はい。
皆サミのご期待通り
そのおじさまに
スゴーく熱い視線を
投げかけられましたとも。

 

ってか、つい
あせって言い訳をしそうになったじゃないですか。


う、恨みますぅぅぅ、河野さん、、、。

それにしても
もしかしたら私のように被害にあった乙女達が
他にもいっぱいいるんじゃないかと
モノはついでに検索してみたんですけど。

世間でもさぞや至る所で
じぇじぇじぇが連発されているだろうと思いきや
ざっと見る限りそんな記事は一切見つけられず

代わりに面白い情報が。

なんとこの小説宝石のもと雑誌ともいえる「宝石」は
大変に歴史のある雑誌だそうで。

そしてなんとなんと
最近何かと話題のレイモンド・チャンドラーさんが
執筆された「さらば愛しき女よ」が連載されてたとか。
*(1951-52年)- Wikipedia 「宝石(雑誌)」より

まさか袋とじからレイモンド・チャンドラーさんに辿りつくとは・・・

(だから袋とじではなく、、、www)

ちょっとうれしくなって
その袋とじ(…じゃなくて別冊付録)にふと目をやると
表紙の右上に浮かび上がっている白い文字が
なんとなく昔懐かしの『MBC』に見えまして。

ふむふむ。


IMG_2577s

というわけで、ついMBCへ立ち寄ってしまいました〜!!
「ロング・グッドバイ」のポスターをおみやげに・・・!!

(MBCの皆サミ、突然お騒がせしました〜!!相変わらず失礼でサミませんっっっ!)