あちぃけどサミー2021

謹んで
コ中お見舞い申し上げます

2021 夏
あちぃけどサミー

 


どもども
うばじゅびんデス〜!

ってか、そろそろ
そんな季節かと思いまして。

 

うばうば館
あらっ

>>うばじゅびんさま〜!!
毎年のことながら
クールでホットな対応、素敵デス〜!!

 

 


どもども、>>ばる・サミコさま
ごきげんやうございマス〜!!


そう、その昔
我らがSammyさんが
(旧)ドレミページのトップ画像を
「あちぃけどサミー」の
この動くバージョンに変えた際に

突然「花王バブ」さんより
「だるい疲れにバブクール篇」の
CMジングルの歌唱依頼がアリマして

あつ〜〜〜〜〜いっ♪
けどさむ〜〜〜〜〜〜〜いっ🎶

、、、とかって
若干小節をきかせた
Sammyさんの奇天烈な歌声が
全国に響き渡ってからというもの

 

毎年この季節になると
この元祖「あちぃけどサミー」画像で
ご挨拶するのが
ボクの役割となってまして(笑)

 


なるほどなるほど


ちなみに、samiko.tokyoさんの方では
「だるい疲れにバブクール篇」の
リニューアルバージョンの際の
トップ画像でご挨拶しておりマス!


うふっふ〜♪
さすがサミマニ対策に
余念のない感じでwww

 

でも

なんだかんだで
去年から引き続き
コ中のままで。

 

うばうば館

 

 

ほ〜んと。
んもう、やになっちゃいますよね〜〜!!!
いつまでマスクしなきゃいけないのかしら。

 

ほんとですよ。
ま〜ったく。


んだんだ。

速攻もとい。

 

・・・。

 

 

 

東京サミコスマイル2021

どもども、東京サミコスマイルです

 

呼んだ ?


呼んでませ〜〜〜んっっっ

……
速攻もとい。

 

はい。
かれこれ7、8年前になりますかね。

えっと
某・滝川クリステルさんの
5文字のお手柄で
オリンピックの東京開催が
決まった記念に

我らがSammyさんが
うばじゅびんさんに依頼して

東京サミコ
samiko.tokyo


.tokyoドメインをとって
オフィシャルサイトを移行し

元来のドレミページを
うばじゅ便という不定期的なブログに転換〜!!
(サミマニ間ではこれを世紀の下剋上と呼んでマス)

ってな感じで
黒サミコ、赤サミコ、、、など
ばる・サミコシリーズから
粒揃いの不思議系キャラを
次々に打ち立てながら

数々の新興SNSの陰で
隙間産業歌手として
地味にコツコツと
世界平和友好活動を
続けていらっしゃるのですが

この度のコロナ騒ぎで
東京オリンピックの開催が延期となり

オリンピックにあやかった企画が
次々にキャンセルとなり、、

>>高輪ゲートウェイさま
お元気ですか?
by 東京サミコうばうば館

もはや
「東京サミコ」を返上しようかどうか
思い悩んだ2020年も
あっという間に過ぎ去って

気がつけば
2021年ももう6月後半、、、

来月はもはや我々と関係ないところで
無理矢理オリンピックが開催されてしまうという
ヘンテコな事態に。

もうここは
うしかないっっっ!!

ってことで。

 

ワタクシ、東京サミコスマイルが
以下、独断と偏見でチョイスした
テーマソングを歌いました。

いえ〜い♪
なんだか知らないけど
サミコがんばれ〜!!


うぇ〜〜〜いっ♪

 

TOKYO SMILE 2021
唄:東京サミコスマイル

 


Smile, though your heart is aching
Smile, even though it’s breaking
When there are clouds in the sky
You’ll get by

If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You’ll see the sun come shining through for you

Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear may be ever so near

*That’s the time you must keep on trying
Smile, what’s the use surprising
You’ll find that life is still worth while
If you just smile

*R

Smile, though your heart is aching
Smile, even though it’s breaking
When there are clouds in the sky
You’ll get by

That’s the time you must keep on trying
Smile, what’s the use surprising
You’ll find that life is still worth while
If you just…

You’ll find that life is still worth while
If you just smile

 

 

和田アキラさん。

ー 和田アキラさん、謹んで哀悼の意を表します ー

「PRISM – 和田アキラ」氏に捧げるクリップ (東京サミコの隠し撮り) より

Professional Rhythms 3days【最終日】
2018年5月6日 (日)LIVE CAFE STORMY MONDAY YOKOHAMA

PRISM – 和田アキラ(g) 岡田治郎(b) 渡部チェル(key) + 長谷川浩二(ds)

 

うばうば館

ー 和田アキラさん。

そう、そのお名前は
大昔から存じ上げていたものの、

ご本人のステージを生で拝見したのは
つい最近、、、(と言っても3年ほど前?)
、、上記動画の時の1回のみなんです。

この時のライブは、
新生PRISMのメンバー3人+日替わりドラマーのセッションという
ライブハウスの3days企画の最終日に開催されたものだったのですが

なぜ、そのような稀有なステージを
私なんぞが拝見できたのかと申しますと、、、

実はその前の月に
デジモンの和田光司くんの追悼ライブの打ち合わせで
チェルさん(鍵盤の渡部チェル氏)にお会いしたとき
「俺、PRISMに加入したんだよ」という話をお聞きして

まずは、えええ〜〜〜っ?!!って驚きまして、、、

というのも「PRISM」といえばっっっ!!
その昔、Sammyが大学時代に所属していた鹿大フォークソング同好会において
部長のゲルマン蛸壺氏らと結成していたファンクバンド(スナフキンズ)で
リードギターを担当していたスイシー(水主高昭氏)が敬愛してやまなかったという
あの超絶ギタリスト「和田アキラ氏」率いる伝説のバンドなわけですよ〜!!
Sammyは当時そのスイシーからその「PRISM」というバンドがいかに凄いのか
という話をそりゃもう延々聞かされ(、、、拝聴させwww)ていただいてたわけで、
そーいえばスナフキンズのライブでは必ず
「PRISM」のこの曲(↓)、、、

(えっとサミません、曲名が分かりません、、、陳謝っっっ!!)

、、、が、
セットリストに組まれておりました。
(つまりSammyが舞台袖に引っ込む時間ですねwww)

 

*ちなみにスナフキンズはこれ(↓)

(*サムネイル後列左より、g.スイシー、d.とーる、b.ゲルマン、saxげんちゃん、
写真前列左よりvo.&gヨロンさん、MBCの植田美千代さん、そして19歳の時のサミー)

 

もとい。

さらに、今度PRISMセッション企画で
コージーさん(ドラマーの長谷川浩二氏)が
叩くんだよ〜とのことで、、、

な、な、な、な〜んと〜〜〜っっ?!!

ってWで驚きましたとも。

というのも、コージーさんといえば!!
昔「Sammy with E.L.B.」というサミーのオリジナルバンドで
何度かライブをご一緒したというご縁がありましてっっっ!!
(*ちなみにE.L.B.の渋谷Asia’s Liveレポはコチラ。)

 

というわけで、もとい再、

鍵盤がチェルさん、ドラムがコージーで
伝説の「PRISM体験」が出来るとあっては
行かない理由がなく〜〜〜っ(笑)!!
と言うわけでお伺いさせていただいた次第です。
(*冒頭動画)

 

そしてそして「和田アキラ」さんといえば!!
思い出されるのが「和田アキラ」さんのお姉さまの存在です。
以前「Sammy&Jimi  McGee」平塚の「メラ」というバーで
よくライブをさせていただいてたんですが、


*メラは前述のうばじゅ便(ポンタさん。の回)で触れた
「ゲルマン蛸壺」氏
の紹介で、Sammy がだいたい月1ペースで
ライブをさせていただいてたお店です。
   >>マスター鈴木さん

   お元気でいらっしゃいますでしょうか?

そのメラの客席にいつも和田さんのお姉さまが座ってらっしゃったんです。
もともとメラの常連さんだったらしいのですが、メラでの初回ライブ後に
「うちの弟もギタリストで、今地元ですごく頑張ってるんですよ〜!!」
なんて話しかけてくださったんですけど、まさかその弟さんというのが
天下の「和田アキラさん」のことであるとはつゆ知らず(笑)っっっ!!
てっきり地元で社会人バンドか何かを組んでらっしゃる方なんだろうなと
勝手に勘違いしていて(サミませんっっっ)、「あ、そうなんですか?
ではもしよろしければ弟さんも今度ぜひご一緒にお越しください〜!」
なんてトンチンカンな受け答えをして、後からメラのマスターに聞いて
ヒョエ〜〜〜〜〜(@@;;;;;;;;;)!!!ってなことになったのを覚えてます。

ラストもとい。

というわけで、
人生初の「PRISM体験」後、興奮冷めやらぬ中で
これまた稀有なPRISMのドーナツ盤にサインを頂いた時に
やっとこさ和田さんご本人とご挨拶ができたわけなのです。

あの後、チェルさんから、
和田さんの具合があまり良くないという情報を
いただいてはいたのですが、、、

 

PRISM デビュー40周年記念セルフカバーBestアルバム
「Celebrate」アナログ盤(LP2枚組)

 

和田さん、どうか安らかに・・・
Sammy

 

ちなみにライブ後、コージーさんから
買わされ(、、、購入させていただい)たw、
コージーさんの御子息がデザインされたという
噂のシュシュはこちら(↓)