#LongGoodBye10th_2:ロング・グッドバイの意味

どもども、再び
サミコです!!

#LongGoodBye

において

どおやら、サミコが
冒頭ナビゲーターに
任命されたもやう!!


わーい、おめでとう!!


ふるっふ〜!!


おお、サミコちゃん!!
YouTubeの管理の方もヨロシクね〜!!
何かあったらボクに何でも聞いて!!

 

あ!!
そうなのでしたっっっ!!

なんと、サミコが

YouTube Channel

の方も
担当させていただくことに
なったんでした〜〜〜!!


ウヒョ〜、頑張って!!!


ふるっふ〜!!

はいっ!頑張ります!!

そうですね、チャンネル名はズバリ、

ちゃんねる

でいきま〜っす!!

っと、
最新動画はコレです!!


あ、これも、、、伏線なのですね!!


ふふふ、そうなんです!!
サミーさんと窪田さんとの再会話も
ある意味「ロング・グッドバイ」っぽいので
次のシリーズ #LongGoodBye の後の

#KojiWada の回に繋げる予定ですっ!!

 

サミコちゃん、ありがとね〜っ!!

カラーコーディネートが
めちゃめちゃ可愛いっっっ!!

では、ワタクシも
サミコちゃんを見習って(笑)

Sammyのうばじゅ便
ってのは
どーでしょうか。

 

もといw。

(* #LongGoodBye10th_1 からのつづき)

というわけで
ドラマの制作陣達に
ひと通りご挨拶をすませて

本格的にテーマ曲の
作詞の作業に入っていったわけですが

いかんせん、
原作者のレイモンド・チャンドラーさんの
世界観を壊さないように、、、って
いきなりの難題が。

だって、まず、
チャンドラーさんって誰よ〜〜〜?!!

ってなわけで。

(ほんとすいません。)

チャンドラーさんについての
研究が全然、追っつかず。

原作本(英語)をそんな
ぱぱーっと読めるわけないし、、、!!

っちゅーわけで、まずは
村上春樹さんの翻訳バージョンを読んで

そして映画DVDも借りて
観てみたのですが、、、

村上さんや
映画監督さんの世界観は
それぞれ伝わってきましたが

内容、ラストが違う、、、!!
(ネタバレするので多くは書きませんがw)

そう、逆に
混乱しました。

チャンドラーさんの世界観って
一体どんななん、、、?

ってか、そもそも
ロング・グッドバイって
日本語ではどういう意味なの、、、?

ふむふむ、、、

「長いお別れ」

、、、って、いや、
そのまんまじゃんっ!!

って深読みして、「死」
連想してしまったり、、、?!

うーん、、、

ってな感じであれこれ
悩んでいたそんなある日。

 

突然、、、


忍じぃ


訃報が入ったわけなのです。

そう、その数年前に
忍じぃの妻、つまり、
ワタクシのばぁである、

寛海ばぁ


天国行きのバスに
乗ってしまって

その後を追うように
今度は忍じぃが・・・?

そんなこんなで
急遽、帰郷し

じぃのお葬式の様子を
人ごとのように
ポカーンと眺めながら
ふと腑に落ちたんです。

そっか、これってのは
ただの「グッドバイ」
なんだよな、って。

んで、前に
「ロング」とつくからには
お別れの終わり、、、

、、、つまり、その後に
「こんにちは」の存在が
絶対あるわけで。

そう、さよなら=「死」ではなく
さよならしている期間を表してる、、、

ってことでいいのよね、、、?

って。

さらにその時、

じぃとばぁがまだ元気だった頃
二人と同年代だった
ある有名人の方が
お亡くなりになった時に

じぃ:「おぃ(ワシ)も、もへ(すぐ)じゃっで。」
ばぁ:「あたい(私)はおまんさぁ(あなた)よりも長生きじゃっで。」

とかって
言い合ってたのを
思い出したりして(笑)。

そっか、二人の場合は
お互い小学生の時に出会ってから
ず〜〜〜〜っと一緒にいて

最後にちょっとだけ
「ショート・グッドバイ」
を味わって

ま、こっから先は
「ネバー・グッドバイ」
なんだろな、、、って。

つまり
ドラマのテーマは

「死(=お別れ)」ではなく
「お別れの期間」ってことで
「再会」ってのが肝だと
確信したわけなんです。

だからなんなんだって
突っ込まれるかもしれないけど

職業作家さんとかではない
ただのボーカリストである
ワタクシなんぞに声をかけてくださった
(先述の)城谷さんの顔を
潰さない為にも

歌い手ならではの「歌詞」づくりを
心掛けないといけないなーって。

そう、ヘタはこけない!!

ま、J -POPで求められる
ハッピーな感じではなくて
ハードボイルドでほろ苦い「結末」を
暗示させなくてはいけないってことは
何となく察知しておりましたが。

そしてその曲が登場するシーンは
戦後間もない昭和の時代の
高級キャバレーの中という設定であって
、、、そう、場末のスナックではない。

ってことはちょっと
高級感を演出したニュアンスで
言い回しを考えないとな、、、

、、、てな感じで、あれこれ
構想に耽っていたおかげで

結果、じぃの死の悲しみから
気を逸らすことが
出来たのではないかと
今更ながらにしみじみする
今日この頃なわけですが

そんなこんなで
東京へ戻る飛行機の中で
「ロング・グッドバイのテーマ」の歌詞を
書き上げたわけなのでした。

つづく

#LongGoodBye10th_1:ロング・グッドバイも10周年!!

はい。
おひサミぶりのサミコです。


わーい!サミコちゃんだぁ!
ロング・タイム・ノーシー!!

えっと、こないだサミーさんが
アメリカ在住のお友達が日本に遊びに来た際に
空港で「Long time no see~!!」って叫んだら
「Are you Chinese?」と戸惑われたそうです。
向こうの人(日本人だけど^^;)はあまり
「Long time no see」って言わないらしいですよ〜?

 


あらら、、、
「Long time no see」って
中国語だったの、、、?

では、long goodbyeとか???



おぉ!、、、さすが、
フリが短くなりましたね〜!!

 

はい、なんてったって
令和ですからね笑。

そして、これって
昨年の「あまちゃん10周年」から
繋がってるんですよね。

今回のタグはズバリ、

#LongGoodBye10th

で〜〜〜っす!!


あ!伏線だったんですね〜!!

***

サミコちゃん
どうもありがとう!!

はい、時は
「あまちゃん」が放送された年の
年末、、、そう、12月の末頃。

その翌年の4月から始まるというNHKドラマの
劇伴テーマ曲の作詞、歌唱指導のお仕事で
制作に参加することになったワタクシは

城谷厚司さん* 率いる
ドラマ制作班の方々とともに
新宿ピットインへ赴いたんです。


*城谷厚司さん*「ロング・グッドバイ番外編」参照。

 

…..

はい、そうです。

言わずもがな、そのドラマというのが

「ロング・グッドバイ」

音楽総指揮のお方こそ
「大友良英」
だったわけなんですが

そう、実は
ここだけの話なんですが

ワタクシ、当時
テレビというものを
あまり観ておらず、、、

そう、つまり、
そのご挨拶の時ワタクシは

「あまちゃん」のことも
「大友さん」のことも
ほぼ知らない状態で

のほほ〜んとご挨拶の仲間に
加わってる状態だったんですよ。

なのでNHKの方々が
ピットインに入る前に
円陣を組んで
「えいえいオー!!」って
めちゃくちゃ気合いを入れたり

ゾロゾロとピットインの中に入って
大友さんの前にズラリと並んで
深々とお辞儀をしたりする中で

一応、んんん?
この「大友さん」とやらは
もしかして
どえりゃぁ凄い人、、、?!

、、、と
帰宅後にえらい勢いで検索して

やっとこさ「あまちゃん」と
「大友さん」のことを認識して

大晦日の紅白歌合戦で
ちゃんと目視、確認してから、、、

後付けでじわじわ
緊張していった次第でして。
(((苦笑)))

、、、なんせ
台本が出来上がるまでに
まだ時間がかかるとのことで

ワタクシが作詞を
担当することになるという
そのテーマ曲が

そのドラマ版の中で
どこでどのように
登場してくるのか、、、?!

ってことをほとんど
知らされないまま

ドラマの時代背景と
雰囲気だけはお聞きしていたので

色々と想像を膨らませながら
何とも手探りで
作詞の作業に取り掛かったんですね。

そう、あくまでも原作者の意図から
外れないような言葉(内容)で
しかも英詞で、、、という発注だったので

そこから初めて
ロング・グッドバイの原作本を読んで
ロング・グッドバイの映画を見て
ロング・グッドバイの世界に
入り込んでいったわけなんです。

 

つづく

JIMISEN × 座椅子JOPLIN、幻のV発見!!



・Jimisen (as Jimi Hendrix) – G.Jimisen / B.Ged Yoshinaga / Drs.Naoki Nagumo
・座椅子JOPLIN (as Janis Joplin) – Vo.Sammy

 


どもども、サミーです。

超懐かしいDVD見つけちゃったので
丸ごとYouTubeにあげちゃいました。

「Foxy Lady」の途中から
始まってますけど
そういう編集ではなくて
もともとのライブDVDが
いきなり曲の途中から
始まってるんですよね。

おそらくDuoの人が
ライブスタート時に
ビデオのボタン押すのを
忘れてたみたいですね。
(ライブハウスあるあるw)

それにしてもコレ、
VHSじゃなくてよかったです。

なんせ掘り起こし作業が
大変なので。

ってか、いまだに子供時代の
謎のベータとかたくさんあるし、、、。

もといw。

やはり、あの時代の
ライブものに関して言えば
個人的には映像も音声も
ライブハウスの固定カメラのものが
一番観やすいし聴きやすいですね。

当時のラインの音とかって
冷めるもんがありましたし。

それにカメラ何台も入って
勝手にアップ映像とかに
切り替えられちゃうと

後でVを確認した時に
違う!そうじゃない!!
今そこじゃないっっって
突っ込みたくなって
しまうんですよ。

まあ、演る側ってのは
ライブ会場に来ているお客さんとの
絶妙な距離感の中でバランスとりながら

その場にいる人たちと
いい空間を共有するために
色々と計算しているわけで。

というのも
かっこ悪い部分込み込みで
全てをありのままに
「ライブだから」って
受け入れられてもらえるように

ま、ある意味「逃げ」なのかも
しれませんけど、、、

、、、もといw。

そう、なんでわざわざ
余計な情報を与える必要が
あるのかなって。

だから、ライブに
テレビ番組の収録が入る時って
正直、憂鬱でしたね。

よっぽどセンスのいい
カメラワークでない限り
むやみやたらに
放送して欲しくないってゆーか。

プロならどこ切り取られても
大丈夫なようにしとけよ、って姿勢には
断固抗議したいですね。

ま、今で言うところの
YouTubeの切り抜き文化とかってのと
似てるかな。

一種のハラスメントだと
思うんですけどね。

ま、容認してる人多いですけどね。

ま、あんまり言うと
「老害」って言われてしまうので
この辺でやめときますけどね。

***


《Vの見どころ、その1》

ジミセンさんの
当時お約束だった
座椅子呼び込みのセリフが
よいですね。

ま、当時は
「アンビリーバブルな声で、、、」
とかって
登場前にハードルを上げられて
座椅子さんが必要以上に
声出さなくちゃいけなくて
かなり大変だったみたいでしたけどね。


ほんとですよー!!
ワタクシがポリープになったのは
ジミセンさんのこの呼び込みのせいです。

 


《Vの見どころ、その2》

座椅子さんが登場してから
歌い始めるまでの間
おそらく史上最高に長い時間が
流れてると思いまっするが

この時、別に皆サミを
焦らしていたわけでは
ないんですってよーーー!?


あ・・・

えっと、なかなか
マイクが見つからなかったそうなんです。


恥ず・・・

会場に向かって
ご挨拶パフォーマンスをしながら
さりげなく動き回ってマイクを探すも
どこにあるか分からず、、、

んで、結局ベースのヨッシーさんに
「マイク、どこ?」って
思いっきり尋ねてますよね。

 


いやー、ステージでサングラスなんか
かけるもんじゃないですよね、、、


《Vの見どころ、その3》

ヨッシーさんの
ストラップが外れ過ぎですね笑。

というわけで、おひサミぶりに
このシリーズのV観ましたが
見応えあります。

ま、それぞれ色々やらかしてますけど
ドラムの南雲さんの安定感に
助けられてる感じがします。

荒削りだけど勢いがあって
本家のそれっぽい感じが満載で。

ま、コンプラ対策のため
画面を暗く設定してますけどね〜

….