#TDLef23_vol.8:からのメリクリ。

#TDLef23_vol.7 からのつづき

ってなわけで、

 

おぉ、巻いてますねーっっっ

….
ま、師走だけに、、、

 

おほほ。
もとい。

そんなこんなで
退院後すぐに
社会復帰はしたものの

その後
エフコラが再び
オリコンの左ページに
登場することはなく

事務所との契約も
普通に満期終了となり

再びフリーランスの身に戻った
というわけなんです。

 


あ、この時期ですね〜?!
サミーさんのたがが外れたのは!!

 


そうそう、あちこちで歌い過ぎて(笑)
喉にポリープができちゃったんでしたっけwww。

 

はい。

そーいえば
盲腸もポリープなんですってね。

あ、いや、
盲腸ではなかったんですけどねw。

うん
ややこしや。
www


確かに、Sammyさん、

あの頃、喉だいぶいっちゃってて
声出すの辛そうでしたもんね。

でもボク的には、Sammyさんの
ハスキーでパワフルなあの感じって
結構好きだったので

もし、Sammyさんが
ポリープ切っちゃって
所謂「天使の声」とかに
なってしまったら・・・‼️
って、正直複雑でした。

おそらくSammyさん自身も
悩んだんでしょうけどね。

「ガラガラ」は生かしたい、、
でも、声が出なくなっては
元も子もない・・・的なw。

そして結局のところ
この先も「ガラガラ」と
共存していく方向で
ちょいちょい休みながら
随時コンディションを
整えていくといったような

「森進一さん方式」

・・・的なノリで、なんとか
ノリ切ったんでしょうね。
なんちゃってw。

(我ながら座布団1枚!!)

 


なる、それがボイスエイチへと繋がるんですね〜?!
ってか何気に>>うばじゅびんさん、やっほー!!

ヤッホー!!

 

 

はい。

それから1年ぐらい
経った頃でしょうか。

フジパから
突然の呼び出しがありまして。
(あそこはいつも突然で^^;;;…w)

そう、デジモン曲「トモダチの海」
の歌唱依頼が来たんですよね。

ってか当初
何の歌入れかも聞かされておらず
めっさ格安料金で
歌わされましたけどねーっ‼️


〜〜〜〜〜爆‼️

イエーい!
イエ〜って言え〜!!
(座布団もう1枚!!)

げげげ‼️や、やはり、
世紀を超えてのリベンジだったのか…w

 

ぐほほ…w。

まぁ、真面目な話、

当時の
「アニメ業界」ってのは

それまで
ワタクシが関わってきた
「音楽業界」とか
「芸能界」とかとは
ちょっと違う
「特殊な現場」だったので

それなりに
戸惑う部分もあったんですよね。

このまま、この未知なる
不気味な世界(笑)に
飛び込んでもいいのかなーって。

 

 

 

そんな時にこんな声が
聞こえてきたんです。

ユー、とりあえず
っちゃいなよ・・・

・・・って。


・・・というのは
半分
冗談ですが、

あーびっくりしたー。

ってか、半分は本当なんかーい‼️

 

もといw。

だって自分が「特殊」だと感じる
「世界」の人からしてみたら
「こっち」の「世界」こそ
「特殊(=未知で不気味)」
ってなわけで。

絶対的な「普通」ってのが
存在しないのと同様に

「特殊」って言葉も
相対的な使い方しか
できないんですよね。


なんだか意味は分かんないけど
ゴール🎄が見えてきたような・・・


わ〜〜〜〜〜〜!!
ドキが胸胸・・・

 

はい。
お察しのとーりw。

というわけで、次回
いよいよクライマックスです。


ばんずぁーい‼️


間にあったパケらった🎵


ではではとりいそぎ、

Very
Merry Christmas


良いお年を!!

#TDLef23_vol.7:盲腸。

#TDLef23_vol.6 からのつづき

《第二部》

はい。

ってなわけで
結局のところ
お医者さんに

虫垂炎
(盲腸)

だと説明されて

手術するか薬で散らすかという
どちらかの選択を迫られ

事務所と相談して
薬で散らすために
10日間の入院をすることに。

ま、今でこそ
腹腔鏡手術
とかって

手術したその日のうちに
家に帰れたりするようになりましたが

当時、盲腸ってのは
まだまだ大変な病気だったんですね。

 

 

 

 

 


っと、ここで
ちょっと余談ですが

実はワタクシ
その後も度々慢性盲腸を
繰り返すようになりまして。

病院へ行くたびに
「盲腸はいらない臓器なので
次に大きな波が来た時は
切っちゃいましょうね」
とお医者さんに言われて

薬で散らし続けて
月日は流れ、、、

ー 略 ー

2011年10月中旬に
ついにその大きな波が来る
タイミングがありまして。

ついに 手術
踏み切ったんですよね。

そう、、、正真正銘、とうとう
盲腸 切った‼️

、、、というわけなんです。

 


ところが、手術から目覚めた時
なぜか白衣の先生たちが3人ほど
ワタクシのベッドの周りに並んでいて
一斉にお辞儀をされたんです。

 


ん?

 

そして、次々に
こうおっしゃったんです。

先生:「実は、盲腸じゃなかったんです、、、」

先生:「いやぁ、ほんと玉のように綺麗な盲腸で、、」

先生:「こーんな(ジェスチャー付き)感じで、、、」

 

・・・???

先生たちは
こう続けました。

先生:「そういえば、
1988年頃に一度
盲腸を薬で散らしたことがあると
おっしゃってましたよね?
普通そういうのって
痕が残るものなんですけどね。
でも何も跡がなかったんですよね。」

先生:「その時も
盲腸じゃなかったって
ことだったんでしょうね、、」

先生:「ですね、、、」

 

そして
再び3人でお辞儀をして
病室を出て行かれたんです。

 

………………………………

・・・・・・・・な、
なんですと〜‼️❓

 

つ、つまり、、、
何の罪もないワタクシの盲腸が
無駄に切られたってこと・・・?

 

そんな、、、

殺生なぁぁぁ‼️

 

はい。
っちゅーわけで

盲腸ってのは
身体にいらない臓器などでは
決してなくて

むしろ
人間の免疫機能を司る
腸内フローラのバランスを保つ
という働きを担った
大事な大事な、、、

そう、むしろ
人間にとって必要不可欠な
健康のと言っても
過言ではないってことを

最近になって
知りましたとさ。

 

 

 


んで、結局のところ
あの腹痛は何だったんでしょう?

 

 

#TDLef23 チェイサー:ウォルト・ディズニーさん、ハピバ!!

ほんでもって
なんだかんだで

フリーランスで
歩き始めた
ワタクシなのでアリマすが


ちょ、端折り過ぎじゃ、、、?


サミーさんにもなんか触れたくない過去が
あるってことなんじゃ、、、?


あ、サミません〜!!
そんな深い意味はないんどすwww

ってか、一応、

#TDLef23

って
括りなもんで

エフコラからディズニーまで
ちょいとばかり
すっとばかしていこーかな〜と笑。

ほんでもって
2023年のゆく年くる年を
いい感じで
締めくくりたいじゃないですか。

でも年末に向けて
ちょいマキが入ってる感じするんで

メリークリスマス

ハッピーニューイヤー

とかって
美しくまとめられなくなったら
カッコ悪いな〜と。

でも、そんなことを言ってる間に

今日中に
ウォルト・ディズニーさん
お誕生日おめでとう〜!

ってな展開に
いけそうもないなーって笑。

なので若干
無理矢理な気もしますけど
テキストで失礼申し上げます

ウォルト・ディズニーさんっ!!
ハピバ〜〜〜!!

 


ちょ、雑なんじゃ、、、?


よきよきw