只今うばうば館にて「サミコのパンドラ×エフコラ20周年」連動企画「ちらみせ歌番」開催中〜!!


#7『Today/ef collage』

 


#8『I can see your smile !!/ef collage』

 

 

うばうば館コチラ

パンドラ企画#6_I can see your smile !!

「I can see your smile !! / ef collage」

作詞:有馬寿美/作曲・編曲:山崎燿(利明)

 

* ひとりじゃ生きていけない
 それが口癖だったよね
 あなたにもうすぐ会える
 はやる気持ち押さえられない

 うれしい時にはいつでも
 一緒に喜んでくれたね
 あなたにもうすぐ会える
 I’ts just it! maybe I can see your smile !! *

 

泣きじゃくってる子供の手が
知らんぷりの母親にのびる
キャンセル待ちの暇つぶしに
そんな景色眺めていた

やっと通過出来たゲート
目の前にさっきの親子連れ
大きい手と小さい手は
もうしっかりと繋がってた

人には分からない絆を またひとつ見つけたよ
今日この日にふさわしいプロローグ

 

ひとりでも生きていけると
強がった私を抱きしめた
あなたにもうすぐ会える
昨日は眠れなかった

辛い時にはいつでも
その胸で思いっきり泣いたよね
あなたにもうすぐ会える
I’ts just it! maybe I can see your smile !!

 

恋人っていうのとも違う
でもただのいい人でもない
私が気づかなかった私を教えてくれた人

人には分からない絆をまた確かめに来たよ
今日この日は最高のアニバーサリー

ひとりじゃ何にも出来ない
私の背中押してくれたね
あなたにもうすぐ会える
近づく程じれったいよね

旅立つ時にいつもの
大丈夫のひとことくれたね
あなたにもうすぐ会える
I’ts just it! maybe I can see your smile !!

*R

あなたにもうすぐ会える
I’ts just it! maybe I can see your smile !!

 

パンドラ企画#5_Today

「Today / ef collage」

作詞:山田ひろし/作曲・編曲:山崎燿(利明)

 

トモダチだけどね 私に甘えないで
失恋くらいなら ひとりでかたずけといて

立ち直りが早い 君だから 
週末にはきっと 笑ってる

君のために 何が出来るのかなんて
考えてみたこともないけど
こんなときに やさしいのも嘘っぽい
だけどね 気にはしてるよ

 

自分も救えないで 毎日大変だよ
ひとりで生きるのは ちっとも自由じゃないね

部屋を出る前にいつだって 
自分を励ましてゆくのさ

街の空を見上げながら歩き出す
ひとり分の今を抱えて
傷ついても傷つけてもしかたない
そんなに 器用じゃないよ

やさしくしとけばいいなんて
バカにされてるのとおんなじさ

 

丘の上で 遠い街を見つめてた 
緑の風 瞳に吹いて
きつくなって 履けなくなる靴のように 
夢も育ったあの日

街の空を 見上げながら歩き出す
ひとり分の今を抱えて
永遠とか神様とか分からない
だけどね 明日は来るよ

君のために 何が出来るのかなんて
考えてみたこともないけど
君のために出来ることはひとつだけ
私が私でいること、、、

そうなんですっ
実は何をかくそう、エフコラも今年
デビュー20周年なんデス〜!!

なんと20年前今日!?
この曲でメジャーデビューしたんですね〜!?

超懐。うるるっっっ。

ってか、月日の経つのが早過ぎるのだわ、、、。

 

 

 

ピサミ。のテーマ、決定!!

〜 サミ子の部屋・バレンタイン特別企画 〜


『ピサミ。恋がしたい』

♀vo. ピサミ。ver.
(♂cho.ヨウ)


*「ピカル 恋がしたい/白鳥美麗」のエフコラ逆輸入(太っ腹フルバージョン)です。

(作詞:ピカルの定理製作委員会/作曲・編曲:山崎燿)


Sammy(歌手) えっ?

ピサミ。
どもども、ピサミ。ですぅ。


サミません…

……..つづくw。

 

 

→ → →

(”with B”の原点はコレだと思う…ボソッ)  

 

 

 

 

いや〜ん、さっそくありがとう♡
by ピサミ。

 

 

 

エフコラ的な。

ef_collage_4

 

どもども、サミーです。
って、もう11月なのですね。

はい。

『エフ・コラージュ・ノスタルジック・ポチ・キャンペーン♪』
– ef collage nostalgic “pochi” campaign –


じゅんじゅわ〜 ♪
っと盛り上がってきておりますよ〜!!

((((引き続きこの時代の写真たちを乱用中ですがナニか。))))
(いやぁ、ノスタルジックって便利ですね♡)、、、
うふふ。

 

ところで、
エフコラのデビュー15周年記念シングルの収録曲、

・Tell Me
・異国の街では

の2曲とも、それぞれ視聴動画なるものが
この世に存在してるのってご存知でしたか?!

 


『Tell Me(視聴動画)/ef collage』

 


『異国の街では(視聴動画)/ef collage』

 

まだポチできてない方はこの機会にぜひ!!
(*ページ内のリンクをご利用下さい。)

 

 

ー もとい。

サミーの眉毛が眩しい冒頭の写真は、
『エフコラ・サミー』シリーズの中でも
特に焼き増した枚数が多かった一枚なのです。

そうなんですよね。
写真を「焼き増し」とかしてたんですよね、この時代って。

デジカメとかまだまだ一般にはそんなに普及しておらず、
(今やデジカメですらノスタルジックですがwww)

アー写(=アーティスト写真)などは
プロのカメラマンに大金をはたいて撮ってもらうのが当たり前で
膨大な量のポジの中から奇跡の一枚をいっぱい「焼き増し」してもらって
大事にストックしてたんですよね。

(ところで「焼き増し」って日本語を知らない若者がおるんですよーーーっ!!)

うーむぅ。…..(@@;;;;)….. ゾロメ ゾロメ ゾロメ….orz

 

ー もとい(再)。

考えてみれば、エフコラがデビューした1998年
「配信リリース」なんてシステムを
誰ひとりとして想像だにしなかった時代ですよね。

まず、インターネットがこんなに普及しておらず。

 

まぁ、言ってみれば、
まともにCDが売れていた(?!)
最後の時代と言えるんじゃないでしょうか。

 

“ef collage” 1st. single【Today / I can see your smile!! 】

 

はい。

“ef collage”のデビューシングル『Today』のジャケットです。
(*ドラマ「金八先生」のオープニングシーンで有名な「荒川の土手」で撮影したものです。)

 

これは、ボツバージョンwww。

( ↓ )

こっちのバージョンも
評判は悪くはなかったんですけど。

実はこのとき、
当時の事務所の人達が
両手に草を持って寝転がったりしゃがんだりして
撮影に参加してくれているのですが、
(なので写真1枚1枚、草の量や向きにムラがあるのですけど。)

Sammyのすぐ目の前で転んだ人がいて
Sammy(笑いをこらえつつ平静を装っているため)微妙な表情になってるし、
1本だけ草が不自然にブレてる、、、等の理由でボツになりました(笑)。

(確か、Sammyの目の前で転んだ人って当時のマネージャーさんだった記憶があるんですけどwww)

 

もとい(再々)、

ココだけの話なんですが。
エフコラって実はデビュー当時、めちゃくちゃ大ヒット期待されてたんですよ。

なぜなら、
リリースできただけでももうけもんだよ?!」
と言われたあの時代に、

タイトル曲『Today』は、
田口浩正さん、戸田恵子さん等出演の映画『報告書』エンディング曲に起用され、

カップリング曲『I can see your smile !!』は、
原辰徳さん司会のスポーツニュース番組「NHK サンデースポーツ」
テーマソング曲に起用されるという、

異例のダブルタイアップリリース ♪ だったんです!!

 

ところが。

なんとそのリリース時期が
ちょうどTSUTAYAのオープン時期と重なってしまいまして。

ええ、世間ではCDをレンタルするのがブームになってしまいまして。

その月の TSUTAYA CD月間レンタル枚数ランキング において
エフコラの『Today』堂々の第1位を獲得してしまいまして。

当時、TSUTAYAの皆サミに盛大にお祝いしてもらったのはよかったのですが
肝心なCDセールスには結びつかなかったという……..(・・;;;)☆

エフコラってもしかして、
いわゆるCDセールス氷河期突入期の最初の被害者なんじゃ……  (o・ω・o)ノノ゙。゚?!

あ、まぁ、もちろん、セールスに結びつかなかった理由は
それだけじゃないですけど^^;;;;(笑)
(○○がダメとか○○ってどうなの…..etc. ええ、そりゃもう、当時はシビれる諸論をわんさか浴びまして….www..(゚∀゚w)!!!)

 

でもマジメな話、気がつけば
TSUTAYA さんも TSUTAYA on line へと。

 

ー そんな時代

まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ

めぐるめぐるよ 時代はめぐる
別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

(『時代/中島みゆき』より)

 

ところで、

今回のこのリリース(私は個人的に逆タイムマシーンって呼んでるんですが)って
絶対に1998年という時代からの何らかのメッセージだと思うんですけど。

ふーむぅ。なんだろう。

あれれれ?
でも、15年前のひさみちゃんからも尋ねられてますよね。

”おしえて”(Tell Me)、何ですか?って…… (◎△◎)!?

ふーむぅぅぅ。
んんんんん?

これってもしかして、メビウスの輪とかクラインの壷とかそういう類いの….?

(((((())))))


(ところで90年代にもタイムマシンを稼働させていいんじゃないでしょうかね?)
……..((((ええ、サミーの眉毛が呼んでますよぉぉぉw))))
…………….(でも残念ながらエフコラは年間オリコン100位までに登場してないので…)
…………………………..|ω・)ノ

 

もとい(再々々)!!笑)))

 

はい、これは
エフコラ・セカンドシングル『星』のジャケットです。

この撮影の時はもう肌寒い季節でしたが
半袖のワンピースを着せられてさらに扇風機でずっと風をあてられたので
撮影の次の日、高熱を出しましたが(笑)。

 

そして、『星』のプロモーションビデオも
株式会社トランスコードより)公開中です。

これこそまさしく観る『ザ・ノスタルジック』ですが
この機会にぜひご覧あれ ♪


『星/ef collage』

 

*蛇足:

』の2番の歌詞に『レコード』って言葉が出てくるんですが、
多分私は当時、CDというメディアの出現に対してさえも、
一種の違和感を覚えていたのかもしれませんね。
わざわざ歌詞に『レコード』って言葉を盛り込むぐらいですから(笑)。

まさにそんな時代・・・!