今年のサミソニ大賞は「白い砂浜へ」に決定!!

東京サミコ選ぶ!!
2019年サミソニ大賞は、、、

白い砂浜へ(作詞・作曲・編曲:山口智充)
〜アルバム:(有) 山口モータース/山口智充より

 

うばうば館
決定 しましたっっっ!!

わーい、パチパチパチ、、、っ!!
10年前(2009年)の夏の
サミコの胸キュン曲ですよーっ!

 


え?何で胸キュンかって?
そ、それは、、、


ぐ、「ぐっさん」に聞いてくだサミ(笑)!!ボソッ

 

薩摩有馬 VS 京都角倉《デジャ部》


いやぁ、西郷(せご)どん、
どっかーんと始まりましたネ♪

やはり大河ドラマは
幕末時代が盛り上がりマス〜!!


ー ところで沢村一樹サンはさすがは薩摩出身ですネ
カゴンマ弁がわっぜぇうまかど〜っ!w
「翔ぶが如く」のときの坂上二郎サンを彷彿とさせるような
ごくごく自然なセリフまわしなので
聞いてて自然と顔がにやけマスw

 

んと、何の話でしたっけ、、、ジュルッ

あ、幕末時代の大河ドラマが
盛り上がるって話デス

なんてったって、

「薩摩」「京都」がいっぱい登場するのでっっっ!!

 

というわけで、デジャ部ってみました!

薩摩有馬 VS 京都角倉《デジャ部》


シノブとミツエは元気ですかっ
相変わらずラブラブですかっ


ども〜!おひサミぶりですっ♪

デジャ部、あざーーーっす!!
by (がん)ばるサミ子。


〜もろもろの復習は以下よりどぞ!!
(*「Sammyのうばじゅ便」記事参照)
・薩摩有馬 VS 京都角倉《前編》
・薩摩有馬 VS 京都角倉《後編》

 

ま、コチラの研究に関しましては
幕末というよりは大正ロマン系、、、

、、、かと思いきや、なんのなんの、


《*これが噂の「シノブの家系図」の最上部デス》

 

大正、幕末を軽く通り越して江戸時代初期、、、
さらには、飛鳥時代にまでどんどんさかのぼり、、、

さかのぼり過ぎて
一瞬、地球が生まれる前の
ビックバン時代とかにまで
迷いこんでしまいましたが、、、あはは。

 

(*ワタクシ研究の途中でよく脱線するんですよねー^^;)
なんだか妙に地球がいとおしくなって地球儀を買いに出かけたり、、、

突然エビに会いたくなってに出向いたり、、、、、、
(↑↑↑)紛らわしくてサミませんっ。
(*そう、24ptぐらいまででっかくしないとバとパの区別がつかないもやう。

、、、UFOが現れるという噂の地に出向いて天体観測のデータ録りに勤しむなど、、、

「これからひとりで富士山に登りマス宣言」
@箱根駅ホーム
記者会見

、、、直後の一枚。

、、、しばらく宇宙界隈浮遊したりしましたが、


なんとか無事に「地球」に戻ってきました、まる

 

もとい、

ま、てっとり早い話が、

ー 歴史って繰り返すよね〜?!

ってことで、たいがいのことは
説明はつくんでしょうけど

そんな簡単にかたづけても
ぜんぜん面白くな〜い!!!

っつーわけで、せっかくなので
ご先祖様から代々受け継がれてきてる
いいもん悪いもんも、、、
(つまりは財産も借金も….)

そう、全てを受け入れる覚悟で
(大事大事w)

気の向くままそそられるまま
家系調査を続けて早3、4年、、、???
(5年???…ま、いっかw)

、、、ええ、そうなんデス

かなり無理矢理なシノブの主張


まんざらでもなきにしもあらずんば、、、

っちゅーわけで、

歴史好きが功を奏して
もろもろぬるりと佳境デス〜!!

 

えっと、、、

シノブサイドの「寅太ひぃじぃの日本庭園探し」に関しましては、
カルフォルニアのサンマリノ地区にある

ハンティントン図書館」
The Huntington Library, Art Collections, and Botanical Gardens

、、、なるものに目星をつけて
なんと JTB USA さんのご協力のもと
現在本格的に調査中デス〜!!

 

 

あ、ミツエサイドの方は、、、
(↓)

*fbページ*
「角倉了以とその子素庵を大河ドラマにする会」

、、、なるものにも入会して

>>管理人さま、
>>>完全に幽霊部員でサミませ〜んっ!!
(なんせfacebookじたいかなり放置してるので….zzz)

 

*「了以さん」の偉業凡業を目下おさらい中なのデス…

《*サミ子のおさらいトピック》

角倉家(角倉稲荷神社)と安倍家(安倍晴明のお墓)の関わりとは?
・安倍晴明と藤原(中臣)鎌足の関わりとは?

つまり、この2つのざっくり壮大なテーマを掲げつつ
家系図やらgoogleやらを駆使してある程度の目星を付け

京都嵐山地区ゆかりマップ 京都市内のゆかりマップ

日本各地(京都、奈良、有馬温泉、和歌山、長崎、鹿児島)や
世界各地(主にカルフォルニア方面)に用事ができたときに延泊して
もろもろのゆかりの現場に赴いて細か〜くしつこ〜くねちっこ〜く

 

ー 呼んでません。

(もとい。)

、、、調べまくることで

”有馬(藤原)忍”  VS  ”角倉ミツエ”

因縁 解明させてみよう企画〜〜〜!!

、、、というわけなんデス。

(*できれば平成のうちに、、、、が目標デス!)

ね?わくわくするでしょwwwむふふのふ。

 

大悲閣山 千光寺
か〜以よ〜!ひさみちゃ〜ん!!
by 了….
むふふのふ。

ウババババ………

もとい。

今回は薩摩側、、、ええ、そう、
シノブ」サイドの方に
焦点をしぼってみたいと思いマス〜!!

なのでミツエさん、ちょっと待っててね

(*忖度って大変だにゃー!!)ボソッ….



なんちな?どっちでんよかたっがwww

**************************************************************************************

でわでわ〜♪

まずは、シノブ家系図に登場する
御仁たちを以下へピックアップ。
(*イラストはサミ子の想像でごあすw)

************************************************************************************************

           

  1 有馬忍     有馬寅太    有馬友助      有馬善左衛門
  (サミ子のじぃ)          (サミ子のひぃじぃ)     (サミ子のひぃひぃじぃ)  (サミ子のひぃひぃひぃじぃ)
大正7年(1918年)
7月23日生まれ
明治16年(1883年)
4月15日生まれ
嘉永4年(1851年)
(弘化4年という説も
生まれ
 文政4年(1821年)
生まれ
武士名:藤原高次
幼名:千代吉
武士名:藤原高正
幼名:千代助
武士名:藤原高堅
幼名:善太郎善助仁左衛門
平成26年(2014年)
1月10日(享年97歳)没
昭和30年(1955年)
11月12日(享年72歳)没
明治37年(1904年)
12月9日(享年53歳)没

文久3年1863年没

を含め「有馬家家系図〜鎌足から忍まで」と「有馬寅太の戸籍謄本」等を解読中デス。
また南洲神社にも調査員を派遣してある重要な事実を突き止め候。しばしお待ちくだサミ〜!

 

 

 

〜つづく。

 

 

 

2017年のごめんなサミ。

どもども、サミーです。

んっとですね、実はですね、ズバリ、

「今再びのパリ(仮)」の件なのですが、、、

ええ、そう、去年の案件ですよねっっっ!
はい、いまだ「裏じゅ便」にアップできておりません、、、

サミませ〜んっ!!

そうなんです、実は第2弾もパリだけではなく
ベルギー、ルクセンブルグと三角移動しているため
ネタがけっこう満載がゆえに、、、

あ、いえ、言い訳はいたしません。
とりいそぎ海のモノたちによる予告編だけでも以下w。

 

ベルギーのムール貝


ルクセンブルグのエビ


パリの牡蠣

 

、、、がん・ばるサミ子。

そーいえばワタクシ、、、

今年まさかの、、、

、、、、、、、酉 年女!?ギャー

ってことは
ってことは
ってことは
ってことは、、、、、本日ぬぁ〜んと、

× 4

48。

 

というわけで、

輝く!2017年サミ子おたおめソング」は、

 



「ヘビーローテーション」AKB48
作詞:秋元 康 作曲:山崎 燿 編曲:田中ユウスケ

 

決定〜〜〜!!ぬぉぉぉぉぉぉ!!!

わー、パチパチ〜〜〜!!じゅるっ♪

 

、、、、もとい。

 

☆SMK(サミ子)48の抱負:
ー これから先もずっと、、、、、、、、、、、ように。

、、、、、、、、、、がん・ばるサミ子。

泣く女(ピカソ)1937 10.26 制作

 

 

 

 

発表!!上半期マグダラのアリマ大賞2016

マグダラのアリマ

金賞「マグダラのアリマ(2016)」

 

 

flag

IMG_2797

銀賞「バナナを食うアリマ(2016)」

 

 

flag

IMG_3092

特別賞「マグダラのアリマ(原画)(2016)」

flag

IMG_3179

参加賞「珈琲を飲むアリマ(2016)」

flag

IMG_3092e

駄作賞「上からのアリマ(2016)」

flag

IMG_3028

平和賞:2部作
「演歌を聴くアリマ(2016)」「エビ天をくわえるアリマ(2016)」

flag

2788

プラチナ賞:2部作「ルーブルなアリマ(2016)」

flag

IMG_2729

ベスト・クロワッサン賞「パンを食うアリマ(2016)」

 

 

つづく。