毎年恒例「年末びとるず」→「2020年始」に開催のお知らせデス〜!

うばうば館

[A Tribute To THE BEATLES 2020]
2020年1月21日(火)

吉祥寺 STAR PINE’S CAFE
https://mandala.gr.jp/SPC/
東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目20-16
トクタケパーキングビル
Tel:0422-23-2251

本園太郎[Vo], 川尻一明[Vo&Gt], 青山浩之[Vo]
Sammy[Vo], 松田肇[Gt], 宍倉聖悟[Gt], 山田章典[Ba]
田中徹[Dr], 前田卓次[Per], 野崎洋一[key]
梶谷裕子[Vn], 丸山明子[Vn], 田中景子[Va], 橋本歩[Vc]

開場 18:30 / 開演 19:30
前売¥3800+1drink / 当日¥4000+1drink
前売り:SPC店頭販売 / SPC HP予約
https://mandala.gr.jp/SPC/2020_1


(テッド&ジジ 妄想爆走中・・・)

Jョン:ぬぁんだって?んだよっ!オレ、休みとってたのにヨォ〜。
Jョージ:あっは。どーせ、年始も暇なんだろー?
Jョン:ぐはは、バレた〜?
Jョージ:って、今日も暇なんだろ?飲もーぜ。
Jョン:飲もー飲もーwww

Pォール:おぉ、助かるわ。年末は家族サービスで忙しいのヨォ〜。
Rンゴ:どの家族?
Pォール:All my loving (^^)っ♪

残・残・残暑ですねぇ(その2)

(*突然ですが、残・残・残暑のための納涼動画をどぞ。)
「保津川下りのもやう。」


(*作詞家「松本隆」氏のfb投稿動画より)

>敬愛なる松本さま。。。
この度は保津川下りをご利用いただきまして
まことにありがとうございました。
by 角倉了以研究会

そう、このとき実はサミコも
嵐山を訪れていたんですよ、びっくり〜〜〜!!

 

かーらーのー、、、

うばうば館

「中津川 THE SOLAR BUDOKAN(9/28,29)」レポ。

そう!
津川からの中津川、、、ぷぷぷ。

…もといw。


〜残・残・残暑(その2)へようこそっw
「フェス de おひとりサミ2019」の巻〜!!

 



はい、ひょんなご縁で
その存在を知ったという、

太陽光発電によるエコフェス
“中津川 THE SOLAR BUDOKAN”

をのぞいてきましたよ〜?


そう、百聞は一見に如かずっw

 

でも今回はおひとりサミの醍醐味である
ついでの周辺めぐり(温泉とか山登りとかw)
出来そうもなかったので

フェス本サイト推奨のバスツアー
(東京〜現地 直通、ホテル送迎付き)
利用してみました〜!

 


というわけで、
ざっくり時系列レポで〜っす!
(*ステージ撮影は禁止とのことだったので以下テキスト中心にて失礼。)

(1日目)

4:00 am 起床。

6:00 am 東京駅バス乗り場 集合。

11:00 am 現地到着〜!!

、、、の予定が
道がえらい混んでて
バスが遅れてしまって


噂の
11:00 Revolution
「シアターブルック」

、、、に間に合わず(泣)。

マリさん(金子マリ氏)も
参加してたというのに、、、残念。

ま、気を取り直して、、、

12:15 Respect_田島貴男さん、観戦。

オリラブといえば、、、!!
ドラマーの宮田さんを思い出します〜!!
うるうる。

んでもって、
13:40 Respect_FLYING KIDS 観戦。


そうなんですよ、富士登山隊長の一匹さんが
パーカッションで参加なさってたんですよ。
世の中って色々繋がってるんですねー!


そして、
14:55 Respect_和田唱さん、観戦。


和田唱さん、高音域ボイス〜!!
あ、そーいえば去年のZeppの
”和田光司くん”追悼ライブのとき
サポートドラマーがTRICERA TOPSの吉田さんでしたネ!

んでもって、
16:10 Realize 東北ライブ大作戦、観戦。


”子供ばんど”の「うじきつよし」さんを
初めて生で拝見しました〜!

東北バージョンの
「サマータイムブルース」
拝聴しました!


おぉ、本物〜〜〜!笑。ま、欲を言えば、
「あんたはまだまだ子供だよ〜!」って、
伝説の
フレーズを聞きた
かったですけどw

そしてそして、
18:10 Realize 福原美穂 さん、観戦。


福原さん、「カエルの王女さま」以来でした。
相変わらずお歌がお上手で〜!!
って、ますます磨きがかかってるご様子。
サポート陣もグレイトでした〜!

そして佳境w!安心と信頼の
18:55 Respect_CHABO BAND、観戦。


チャボさんのMC最高〜!
(特にCharさんの雨男のくだりとかwww)
あと日本語ver.のLittle Wingも堪能。
やっぱり、この界隈の人たちのロックを聴くと
清志郎さんを思い出しますね、、、しみじみ。

そして、初日のトリ、
20:20 Respect_ROCKIN’ QUARTET、観戦。


あ、ナオトさん発見〜!
ふむふむ、こーいったユニットを拝見すると
つくづく音楽って掛け算なんだなーって思いますね。
って、またビジュアルも優雅デス〜!!

、、、っとと、名残惜しくも
残念ながらバスの集合時間となったので
カルテットの最後の曲を聴けずに駐車場へ。
…..

22:00 バス出発!

23:00 ホテル着!

興奮冷めやらず、、、でしたが
明日の為に無理矢理おやサミzzz

 

 


(2日目)

7:30 am 起床、朝食。

9:30 am ホテル前集合。

11:00 am 現地到着。

 


って、今回雨降るかも〜的な予報でしたが
1日目も無事に晴れて2日目はむしろ夏日和!
めちゃくちゃいいお天気なのですぅ〜!


ってゆーか、ここんとこ
うすうす感づいてはいたんですけど
ここんとこのワタクシって、
もしかしてもしかすると、、、

まさかの”晴れ女”に昇格したんじゃ?!
なぜならば、、、
5月のモルジブの時も
現地は雨期真っ盛りにも関わらず
連日連夜あんなに晴れまくってたし?!
おかげで髪の毛がこんなことに・・・

 

 それこそ富士山の時も思いのほか晴天に見舞われて、皆サミに蜂蜜おばさん呼ばわりされながらも
こんな出で立ちに、、、


(写真提供:サライ渡辺w)

 


ってなわけで、そんな
”サミコ晴れ女疑惑”

に懸念して、

今回も
ちゃんと持ってきました。
コレwww。

紫外線対策的重装備www。
(アポロ11号かw)

だって容赦無くシミが定着する年頃なので、、、

あ、一応は売店で
帽子を物色してみましたよ〜!

でも、これカブる勇気はない・・・w
エビだけどwww


ってなわけで、

トイレ関係が大変ってことも
1日目に学習してたので

とりあえずトイレ対策として
屋内休憩所で
食べる量とか水分補給の割合とか
の〜んびりと作戦を練りつつ

重装備以外の紫外線対策としては
DJブースや売店の日陰部を中心に
牛歩チラ見移動を敢行。


そして佳境ですっ。

サミコの怒涛の午後導線は、、、

(*敬称等略で失礼します。)
…..12:20 Respect_佐藤タイジ&華純連…..14:30 Welcome DJ_bird…..14:55 Realize_頭脳警察…..16:30 Revolution_木村カエラ…..16:40 Respect_真心ブラザーズ…..18:00 Respect_一青窈…..19:00 Realize_金子ノブアキ…..20:20 Respect_Char + α………… 

 


やっぱり野外ステージってこの夕暮れタイムが一番気持ちいいですね。


夜が更けてからのイルミネーションも素敵でしたよ。

(その1の冒頭でもご紹介した)夢宙屋さんプロデュースのイルミネーション。

で、そんなこんなで
うっかりのんびりしてたら
置いてかれますよー!?

・・・ってなわけで
駐車場へ猛ダッシュ(笑)!!
…..

22:00 無事にバス出発。

(30日)3:00am 東京駅着。


ちなみに、、、
帰りのバスは東京駅に3:00amの到着(^^;)…したのですが
30日は朝から九段下でキキチョコ祭りがあったので(=写真)
そのまま銀座のカプセルホテルを利用したリなんだり。
オヤジかwww

うばうば館

ーざっくりまとめ ー

いやぁ、サミコもこれまで
出演者側として
多くの野外ステージに
参加してきましたが

出演者って
色々優遇されてる部分が
あるじゃないですか。

だから、あらためて
気の引き締まる
思いがいたしましたよ。

ま、もちろん
出演者側は出演者側で
そりゃもう
鼻血出るほど
大変なんですけどねっw

でも今回、完全に
お客さん側の立場で
フェスを体感してみて

お客さんって
ほんとに神様だわーって。

まあ、何はともあれ
おかげサミで
終始いろんな発見があって
大変有意義な時間を
過ごすことができましたよ。

それにしても
ソーラーシステムの技術が
こんなに進化しているとはっっっ

流石デス〜!

 


地熱発電も負けてられません!!(笑)

目指すは「
地熱発電フェス in アイスランド」ですね〜!
▶︎▷▶︎アイスランド移住計画、着々と進行中?!
(*うばじゅ便「アイスランドに行ってきました」参照。)

 

まぁ、実は正直な話
サミコも当初は
「フェス de おひとりサミ」
なんて
イタイ行為だったかしら、、、www

なーんて
被害妄想にかられる場面も
ちらほらありましたが

何を今さら、サミコさんっ!www

んな事は、フェスに限らず
日常のことじゃアーリマせんかw

そう、むしろ
誰になんの気兼ねをすることなく
観たいもんが観れるし
怪しい行動がとれるし

フットワークが軽いって
自由〜〜〜!!

それに見渡せば
おひとりサミな人々が
結構いらっしゃいましたわよん。


なんと「おひとり de テント」
というツワモノもーっっっ!!

それこそ
東京方面からのバスツアーの方々は
半分ぐらいが「おひとりサミ」だったもやう。

 

ご家族、お友達、カップル、+(そして)おひとりサミw、、、

おそらく
このソーラーフェスに限らず
ミュージックフェスティバル全般的に
運営スタッフや出店陣含め
参加者全員が楽しめるように
工夫に工夫を重ねてらっしゃるんでしょうけど

特にこーいった
コンセプトをしっかりと掲げている類の
ブレてないフェスには
これからも真の「Love & Peace」
追求し続けていってほしいなぁと
勝手に願うサミコでアリマしたっ♪


ま、ここんところの地球のお天気事情が心配ですが
これからもLove & Peace活動を応援していきまーすっ!

 


というわけで「ひと夏の経験」でした〜!!(違っ;w)

「ひと夏の経験/山口百恵(作詞: 千家和也 作曲: 都倉俊一 編曲: 馬飼野康二)」
(*演奏:東京サミコとタイムマシンバンド)

 

 

残・残・残暑ですねぇ(その1)


夢宙屋@中津川 THE SOLAR BUDOKAN(9/28,29)で手に入れた”魔法のランプ”
(*「残・残・残暑ですねぇ(その2)」への伏線www)

 

うばうば館

どもども
10月ですよ〜!?

って、なんだかんだで
8月も9月も
旅月間でしたね

そういえば
5月も6月もそーでしたね

旅から帰ってきて
洗濯して
パッキングして
また旅へ、、、って

もはやノリだけは
旅芸人の域っ!

んで、
玄関を開け閉めするたびに

マジ、トラさんかよっ?!

って声に出して
突っ込んでみたりwww

 

 

思い起こせば去年の夏も
そうでしたw
「富士山 de おひとりサミ」
に初挑戦し、、、

、、、(て失敗しw)たその足で

ソウルに飛んで、、、

「北漢山 de おひとりサミ」を決行中にフジロックに誘われて帰国したその足で苗場へ向かい無事にボブディランの生存をこの目で確認することができた、、、


(*詳細は割愛しまーすwww)

、、、っちゅぅ
サミコでしたがw


んでっ!!

今年も去年のリベンジとして
「富士山 de おひとりサミ」
を敢行しよーかなと
チラリ思ったんですけど

やはり
富士山に限っては
おひとりサミはまだまだ早い・・・

っちゅーわけでっ!!

今年はおひサミぶりに

「登山部竹本隊」
に参加してました〜〜〜っ!!


*竹本一匹&榊原大のラテンゲシュタルト」
ライブその後@大塚グレコ(7/12)より。

そう、先日、一匹さん&大さんのライブに遊びに行ったときに
昨年のサミコのおひとりサミ富士山の失敗報告をいたしまして
今年は竹本隊に参加の意向がある旨をお伝えしたところ
富士山行きのご連絡を賜ったというわけなのデス〜!

 


*噂の参考資料→
魂の富士登山2006
(*2006年登山メンバー:竹本一匹、榊原大、Sammy)
(↑)そりゃ、思い出しますよね〜!!笑

 

 

「おひサミぶりです、富士山 2019」
*写真(左から)=女優の北川トモミさん、竹本隊長、サミコ、ボーカリスト渡辺学さん。
ふぉっふぉっふぉっ


いやっほーーーぃ!!
待ってたよーっっっ!!!
by フジヤマくんっ

 

まあ、実は
富士山が世界遺産に登録されたあたりから
登るのを躊躇していたってのもあって、、、

だってなんだか観光地化されて
人いっぱいで山も汚くなって、、、的な
マイナスイメージが膨らんでしまって、、、
ほんとサミません!!
フジヤマはいたって健在でしたっ!!
(>フジヤマさま、ここ数年の偏見をお許しくだサミw。)

 

いえいえ、いえーい!

 

 

 

まあ、今回は山じまい後の登頂ということで
早朝から登って夕方には下山するという
シュッとしたパターンだったのですが

5合目に向かう車の中で
美しいお月サミ(ちょうど満月の夜で〜!!)を拝みつつ
そのままご来光を迎える的な
景観鑑賞ドライブのオプション付きでした。



いい感じに朝が焼けてきた頃に突然ラジオから

BOOWYのChu Lu Lu(レモンティ?)が
流れてきた時はかなりアガりましたよ〜!?

 

*9合目の逆光写真
(竹本隊長のショットを狙う北川さんたちを眺める渡辺さん)

、、、、と逆光サミコ。


いやぁ、今回ご参加の皆サミがまた揃いも揃って
ナイスなお人柄で
はたまたお天気にも恵まれて
とっても幸せな時間を過ごすことができました〜!

ひとりじゃないって〜♪
素敵なことね〜♪♪♪

【ひとりじゃないの/天地真理(作詞:小谷夏 作曲:森田公一 編曲:馬飼野俊一)
(演奏:東京サミコとタイムマシーンバンド)

 

あ、もちろんっ!!
登山自体の過酷な状況は変わらずですよーーーっ!!!
ええ、そりゃもう、特に下山がっっっ!!涙っっっ

いやぁ、身体的ダメージは覚悟の上でしたが
今回は下山時にちょっとヤバめの転倒をしてからの
精神的な追い込まれ方が半端なくて
何度も心が折れましたが、、、

メンバの皆々サミが
あの手この手で励ましてくれたおかげサミで
感動のフィナーレを迎えることができました。
(>渡辺さん、サライ熱唱ありがとうございますっ!www)

というわけで
帰り爆睡してサミません。


んがっ!ラジオから突然流れてきた

「さねよしいさ子」さんの
「マルコじいさん」で目が覚めました。
(あの曲の破壊力っておそるべしw)

 

ー 残・残・残暑ですねぇ(その2)へつづく ー