残暑物語「Fairy Tale」的な。


*Fairy Tale (English Ver.) / pussYbone(Live in 2003@池袋Adm)

 

うばうば館

はいっ!
残暑お見舞い申し上げますっ!

ってか、ついこないだまで
ほぼ1ヶ月ぐらい(?)
ずーーーーーーーーーっと
太陽が隠れてたのに

なんかいきなり
異常に
あちぃくないすかー?

あちぃけどサミー

速攻もといw。

でも、はるか大昔の
地球物語の中では
氷河期があったりなんだりして

我々がこの暑さを異常だと思うのは
単にここ最近の地球で生きてる人間だけの
ごくごく当たり前の感覚に過ぎないのであって

宇宙規模で考えてみれば
一つの星の一つの季節環境について
あれこれ大騒ぎするほどのことではない・・・

・・・がっ!!

あちぃもんはあちぃっっっ!!

あちぃけどサミー(再)

 

自主もとい。


そんなわけで
Fairy Tale つながりということで

かれこれ15年前のあちぃあちぃ夏に撮影した
「ぽかぽか雲とぱたぱた大地とのあいだ」より
以下、Sammy 出演シーンのご紹介です〜っ!!



【*抜粋シーンその1】
倦怠期のヒモ男に対して紅茶をケチるところから男を追い出すところまで。
3分17秒…..

 

【*抜粋シーンその2】
サミーが壊れかけのレディオを聴きながら宇宙に誘われていくシーン。
3分43秒…..

 

【*抜粋シーンその3】
笛吹童子がUFOを呼んだ???謎のラストシーン。
エンドロールで「Fairy Tale」が流れるまで。
4分26秒……

 

うばうば館

そう、吉本直聞監督発のショートムービー
「ぽかぽか雲とぱたぱた大地とのあいだ」
のエンディング曲としてpussYbone ver.
Fairy Tale(*冒頭ライブ動画曲)を提供したんです。

当時、おい、オメェ、楽曲提供ついでに
何をちゃっかり映画に出演してるんだよーーー?
とかってまわりの皆サミからブヒブヒw言われましたが

一応、釈明しときますけど〜〜〜っ!!

女優としてのオファーの方が
先だったんですからね〜〜〜っっっ!!

 

 

そう、吉本監督(←全裸ではないw)とは
共通友人でもあるギタリストの原田喧太くんちの
とあるパーティで知り合ったんですけど

挨拶してから5、6分ほどしか
喋ってないタイミングで
「ボクの映画に出ませんか?」
って言われたので
「いいっすよー。」って
軽いノリでOKしたわけなんです。

で、あくまでも女優として
出演するついでに
エンディングテーマを提供した〜!!

っちゅーわけなんです。

ゆえに、女優先行・・・


ま、どっちでもいーがなwww

 

ただのもとい。

そんなこんなで
映画全体の内容を把握しないで
台本なしで監督に言われるまま
シーンごとに撮影したんですよ。
(*そーゆー演出だったので^^;)

で、映画の公開初日に
最後のシーンで
UFOが出現してるのを見た時

初めてこの映画が
SFものだったんだ???ってのを
知ったというわけなんです。

エンドロールで
Fairy Tale が流れてきたとき
ちょっと感動しました。

でも、Twinkle Flash Back の
詞の世界観の方が
この映画に合ってたかしら〜と
思ってみたりなんだり。

 


*Twinkle Flash Back / pussYbone(Live in 2002)


ちなみに、どちらの曲も
「テイク・ゼロ / Sammy」に入ってまーーーっす!
(*pussYboneの鈴木タケオくんのリアレンジver.です。)

 

ほんでもって
一番大事なうばじゅ便報告〜!!


鈴木タケオ くんは去年のガン手術の後
無事に復帰に向けて頑張っているもようです。
ひきつづき応援よろしくお願いしま〜っす。

> 鈴木タケオさま
Take “0” に続く第二弾の制作にあなたが必要です。
早く元気になってね(><)っっっ!!

まだまだあちぃけどサミーより

P.S.そしてしつこいよーですが、サミコの叫び、以下。

帰ってこいよ(8/9銀座ライブより)/東京サミコ

東京サミコ、帰ってこいや〜!か〜ら〜の角倉稲荷神社。


(*写真左からVo,Gt 本園太郎、Ba 本杉光司、Vo 東京サミコ、Drs 田中徹、Gt 宍倉聖悟、、、
、、、▼▽▼ Key 鳥居克成)

 

*タローちゃん企画 銀座’80ライブ(8/9)より「帰ってこいよ / 東京サミコ」ラスト部w。

うばうば館
はいっ!
暑中御見舞い申し上げ候っ。

80年代曲集銀座ライブ
おつかれサミでしたっ!!

ヤバかったですっ。
超楽しかったですっ!!

ってか、ひサミぶりに
ものごっつぅ
大声出しましたよ?!

いやーーーっ、この時代の邦楽、
キーがべらぼうに高しっ!

今回は特に
地声ロングハイトーンの多い選曲だったので、
耳の穴や毛穴、、、そう、全身の穴という穴がワジワジしてます。
(*下ネタではありませんっw)

あ、今回の三味線曲ではバチは粉雪にならずにすみましたっ!
(*代わりに駒が演奏中に行方不明になりましたっ^^;;;;;;;;)

いやはや、ほんとに日々是精進ですね〜!

ところで、この時代って
「歌い上げる文化」ってのが確かにありましたよね?

歌手、作詞者、作曲者、編曲者ってのが
くっきり分かれてたからでしょーか。

歌手は心置きなく
歌うことに集中してた時代ってゆーか。

そう、今回のセッションはそんなそれぞれの分野の
プロフェッショナルな諸先輩の方々に敬意を表しながら、

そりゃもう、1曲1曲至極丁寧に、
(あ、普段のライブが雑ってわけじゃないですよーっw)

なんか、力の入れどころが違うってゆーか
(*これも下ネタではありませんっwww)

えっと、まるでカラオケ大会の審査員で呼ばれた後に
ゲスト出演で歌う時のような気持ちってのに近い(…?w)、、、

、、、そんな厳粛な感じで臨んでみましたっ!

なんにせよ、この辺りの楽曲たちを
バンドで歌わせてもらえる機会なんて
タローちゃんセッション以外では
まずないので笑っ!!!

今回もいろんな発見があって
楽しかったですっ!

>>タロちゃん、お誘い感謝っ!

そして、>>安心と信頼のメンバーの皆様!
ほんとーーーにおつかれサミでしたっっ!!

そしてそして、>>暑い中足を運んでくださった皆様、
ありがとうございましたっっっ!
これに懲りずに、またよろしくです(笑)!!

・・・と
その足で京都へトンボり、、、

・・・で
すぐに東京へトンボり、、、


はい。
帰ってきました、東京にw。

ええ。
無事に戻ってこれて
よかったです。

とりいそぎ、以下、角倉研究の続きです。

ミツエの角倉稲荷神社

さて、京都嵐山にひっそりと佇む
角倉稲荷神社。

実は今回ちょっと
胸を痛める光景が
目の前に。

そう、なんと神社の真ん前に
古紙の山が・・・!!

パッと見
神社がゴミ捨て場に〜?!

恐る恐る
近づいてみると、、、

なんと神殿に直で
古紙回収所の看板が
貼り付けられてるっ!!

・・・すごーく複雑。

そして
神社の裏手側に
やはりひっそりと佇む
「安倍晴明」さんのお墓。

角倉稲荷神社の裏にある安倍晴明のお墓

訪京のたびに
どこが管理をしているのか
周辺の住民の方々や
関係者(と思われる方々)に
たずね回ってみてはいるのですが

どなたも
ご存知ではない、、、と。

 


ちなみに前回も

二条城関係の事務局の方々に
お聞きしてみたのですが
やはり何の情報も
得られませんでした。

つまり「角倉稲荷神社」も
「安倍晴明さんのお墓」も

現在、管理をされる方が
誰もいらっしゃらない・・・

うーむぅ、、、。

ってか、
了以さん没後400年式典の時に
比叡山延暦寺
(*前年祭は清水寺で開催)
に、全国から集まっていた
あの大勢の関係者の皆サミは
どこに消えたのだ・・・?!

 

では、何度も言いますが、、、

帰ってこいや〜!!

by ミツエ。

なんつーてなんつーて。

でわでわ、おあとがよろしーよーでっ!

 


「東京サミコ」@車折神社(京都府京都市右京区嵯峨朝日町23)

 

うばうば館
*「東京サミコ、高瀬川二下ル」につづく!!
(何かと作業が遅れててサミませんっ!!)
今回、有馬側の「寺田屋」にも足を延ばしてきましたよ〜!
(シノブが焼きもちを焼くのでwww)

まだまだ、あちぃけどサミーより