ポンタさん。

うばうば館
(*ドラマー村上“ポンタ”秀一氏に哀悼の意を表します)


(*写真=「伊太地山伝兵衛 × Sammy」CD発売記念合同ライブより)

私が一番最初にポンタさんにお会いしたのは
鹿児島天文館「BLUES T-BONE」企画ライブの時。

当時私は高校3年生でしたが、既に大学生だった姉のコネで鹿児島大学の音楽系サークル(フォークソング同好会)に仮入部をさせてもらっていて、そのサークルの部長さんが当時T-BONEでPAのアルバイトをしていた関係で、私もシールド巻きという(名目上の)任務を与えられて学校帰りにT-BONEによく出入りしてました。

そんなある日、ポンタさんがT-BONE企画でソロライブをするという情報を得たのですが、その頃私は結構大事な試験(センター試験とかの類…?)を控えていたので、ライブへ行くのを躊躇していたのですが、そのサークル部長さんに、

「おいサミー、大学は落ちてもいいからポンタさんは見とけ。」

と言われ、ライブに駆けつけたというわけなんです。

そう、つまり、サミーが人生で初めて体感したプロのドラマーこそ、
村上 “ポンタ” 秀一氏、その人だったというわけで、、、。

ま、その後、サミーは
無事に大学にも入れたということで
(ひとまず)めでたしめでたし、、、まる

ー 略 ー

そんなこんなで時は流れて、、、
東京池袋のライブガレージAdmにおいて
対バンという形でポンタさんと再会することになります。

当時私はAdmの店長だった藤江さん(ジミセン)らと一緒に、Adm一発録りCDシリーズの第一弾「Monday Night」に続いて第二弾「Tuesday Night」を制作中だったのですが、ある時鹿児島時代に交流があった伊太地山伝兵衛さん(先述の鹿大サークル部長さんやT-BONEとも関係が深かったお方で当時鹿児島から神奈川県の平塚へ移住していた)から連絡があり、実は今俺もこれこれこーでアルバムを制作中なのだが今度お互いのアルバムの合同発売会をやらないか?というご提案を受けて、Admで「伊太地山伝兵衛 × Sammy CD発売記念合同ライブ」を開催した際に伝兵衛さん陣営のドラマーとして参戦なさっていたのがポンタさんだったというわけです。

思えばあの時客席よりも楽屋の方が密だったような・・・(笑)。

ー略ー

その後ポンタさんとは、伝兵衛さんの50歳記念NHKホールライブの時に楽屋でご挨拶したり、その他サポートの現場でも何度かお姿をお見かけしてお声をおかけしたりなんだりしましたが、そう、今度また伝兵衛さん絡めて何か一緒にできたらいいですねなんて話をしていた矢先に、

伝兵衛さんがお亡くなりになって、
鍵盤の佐山さんもお亡くなりになって、
そしてそして、、、、、って感じです。

とゆーわけで、

 

>>ポンタさんっ(><)っっっ!!
>>天国でもいっぱいいっぱい
>>セッションを楽しんでくだサミっっっ!!

>>伝兵衛さん、佐山さん、
>>そしてサークル部長・林田さんにも
>>よろしくお伝えくだサミっっっ!!!

>>サミーより。

 

*追記
「伊太地山伝兵衛 × Sammy」CD発売記念合同ライブ」
(H7.11.17(金) 池袋ライブガレージAdm)

〜伝兵衛陣営〜

伊太地山伝兵衛(Gt. Vo.)
石井康二(Contrabass)
濱中祐司(Guitar)
佐山雅弘(Piano)
藤田”Chocoball”康正(Drums)
村上”PONTA”秀一(Drums)

 

〜Sammy陣営〜
Sammy(Vo.)
ジミセン(Guitar)
善(Bass)
ゴボウ鈴木(Drums)

 


(*photo by “Admstaff-Kosai”)

 

「デンベエが聴こえる 2015」

(*Youtube ubajubin channel 再投稿 ver.)

「デンベエが聴こえる 2015」
〜伊太地山伝兵衛氏に三回忌哀悼の意を込めて〜

*Special thanks to Toku

sammys
デンベエさん、3回忌でしたーっ!!
早いものですねぇ。

den

 

 

 

 

 

 

 

デンベエさんが天国行きのバスに乗られたのは2年前。
ええ、2年前ですけど3回忌、、、

そう、この「数え」の文化、
神社仏閣等で自分の年齢に反映されるとき
つい抵抗を試みたくなりますよね。

例えば、ほんの1歳の差で
アラフォーからアラフィフ扱いになるといったような
微妙なタイミングのときとか、、、

 

mkao029

だってぇぇぇっっっっ!!

アラふぉアラふぃふじゃ
その響きに雲泥のがぁぁぁっっっっ!!!!

、、、、えっと、何の話でしたっけ。

もといw。

そう、デンベエさん

デンベエさんをご存知ない方のために
一応、デンベエさん関連リンクを以下へ。

・Sammyの裏じゅびんより〜伝兵衛さん50才記念ライブ


伊太地山伝兵衛(50歳)のメッセージ
【鹿児島 T-BONE 本山さんへ(友情出演:近藤房之介)】


・Sammyのうばじゅ便より〜「伊太地山伝兵衛」的な。

・Sammyのうばじゅ便より〜号外!〜続・「伊太地山伝兵衛」、的な。

などなど。

 

ってなわけで、三回忌哀悼の意を込めて、、、
デンベエさんとの共通の音モダチでもあるToku ちゃんに声をかけて
ビデオレターを作成してみました!(*冒頭動画「デンベエが聴こえる 2015」)

12240879_10205027075185656_3595868541979015946_o

Tokuちゃん(←ちゃん付けでゴメなサミwww)おひサミぶりでした!!
いやぁ、ほんと、相変わらず対応 にすこぶる癒されたわけですが
あらためまして、今回、突然のサミーの 無茶ぶり(笑)
快くのっかってくれて very very thanks!! でした〜っっっ!

 

、、、そうなんです。

Tokuちゃんとは、はるか大昔
青山の骨董通り沿いにあった Ojas というお店の
オープニングスタッフとして
共にアルバイトをしていた時期があったのです。

そう、いわゆる バイト仲間(笑)!!

そう、Tokuちゃんとシフトが一緒の日は
お店のショータイムに
生歌と生ペットのアバンギャルトな即席ユニットで
テーブルを廻ったりしてたわけなのです。

sammys
*追記その1:
「Ojas」と言えば〜!!

そう、それこそつい先日、
パール兄弟のギターの窪田晴男さんに
これまた超おひサミぶりにお会いしましたよ〜っ!!

“Ojas” によく出没していた晴男さんは
当時“Ojas” 以外でもよく西麻布のYellowなどで
ご自身のイベントを開催されておりまして
私もそれらのイベントに呼ばれまして
馬車のように歌わされ、、、
あ、いえ(笑)、歌わせていただいておりました♡

でもって今回、その晴男さんが
渋谷で弾き語りをするという噂を聞きつけて
ドッキリで観に行ったわけなんです!!
あ、私、楽器の人の歌ってけっこう好きでw。
特に晴男さんの、あのやる気のなさそーな、
それでいて実は音楽的にちゃんとしていて、、という感じのやつw

で、ライブ後に晴男さんにご挨拶申し上げたときに
予想以上にびっくりしていただきまして
思いきり満足して帰ろうといたしましたら
晴男さんからのまさかのどっきり返しが、、、!!

ええ、そうです。
「何か歌え。」と言われたわけなのでした。

思い出しました、この方のこのお言葉。

ー やば、泣きそう。

、、、ええ、しっかり泣きましたよ、ステージ上で。

その時すでにお店はバータイムに突入していたのを
余興ってことで晴男さんがマスターにお願いして
わざわざ私のためにお膳立てしていただいたにもかかわらず

何やら20年分の月日が走灯のように頭をぐるぐる駆け巡り
晴男さんのギターの横で歌っている自分のその状況
もう感極まってがボロボロ・・・!!


ー サミません。

晴男さん、また忘れた頃にリベンジに行きますからね!!
エンドレス・ラブ♡笑

 

 

 

もといw。

そう、デンベエさん

というわけで、今回のデンベエさん企画のため
超過密スケジュールのTokuちゃんに連絡を試みて
ライブ当日の隙間でなんとか時間を作ってもらって
今回の撮影を敢行したわけなんですよ。

おかげサミで、やっぱりアバンギャルトな
ビデオレターが完成いたしました。

デンベエさんも絶対喜んでくれていると思います。

なんせ、撮影中、なんだか終始楽しくて、
もしかしたらデンベエさんも遊びに来てくれてたんじゃないかと
帰ってから隅々まで映像を見返しました。

たぶん、こーゆーのって、また何年かたった頃に
あらためて映像を見返したときなんかに
「あれ?」なーんて気づくんですよね、なーんて。あはは!

で、もちろんそのまま
Tokuちゃんのライブも
観させていただいたわけなのですが

・・・な、なんと!!

正直、バイト仲間の頃(笑)は、
Tokuちゃんが歌を歌っているイメージがあまりなかったので
(なんせサミーが歌担当だったので(^^;)www)

今回Tokuちゃんのステージを見てびっくりしました!!
演奏もさることながら、
ボーカル、かっけぇ!!

ええ、ほんと今更ですが、Tokuちゃんは思いきりボーカリストでした。
あんなイケメンスキャットは日本でははじめて聞いたかも、、、

いやぁ、なんだか刺激を受けたとゆーか、
私も頑張らなきゃいかんなぁとしみじみ、、、

ってか、

デンベエさぁぁぁん!!

サミーTokuちゃんも、

着実に 大人の階段 をのぼってますよ〜!!

sammys

*追記その2:そう、「大人の階段」と言えば!!

そう、つい先日、もとH2Oのメンバーだった赤塩正樹さんに
これまた超おひサミぶりにお会いいたしましたっ ♪


ええ、そう、念願の、ご本人による「想い出がいっぱい」
でじっくり聞かせていただきました~~~!!!

ー 超感動。

この曲、これまでもいろんな人たちがカバーしてきておりますけど
(そう、それこそいつぞやのタイムマシンでも演りましたっけw)

なにはともあれ、やはり、オリジナル威力ってスゴい。

ベストテンあだち充 世代の私にとってこの曲は永遠の神曲なわけで、、、。

(ちなみにこの「想い出がいっぱい」という曲、言わずと知れたアニメ「みゆき」の主題歌で有馬すが
主人公のみゆきさんの苗字は「若松さん」なので、なんだか愛着が。←分かる人には分かるw)

 

 

もといw。

そう、デンベエさん

というわけで
デンベエさん、たまには地上に遊びに来てネ♪
(あ、おみやげも忘れずに

 

 

sammys
《おまけ画像》
IMG_1312

今回「デンベエが聴こえる 2015」撮影の為に訪ねたジャズのお店「六本木アルフィー」の入口に
『サミーとマツ』でお馴染みのギターのマツさんがやってらっさるバンド「SPISY KICKIN’」のポスターが貼ってあってびっくりしました〜!!「SPISY KICKIN’」ってジャズバンドだったんですねー?!マツさんは12/10のびとるずでもご一緒します〜!!

*詳しくは、LIVE INFOMATION「Sammy〜「ら」のページ」をどぞーっ