東京サミコ、帰ってこいや〜!か〜ら〜の角倉稲荷神社。

*タローちゃん企画 銀座’80ライブ(8/9)より「帰ってこいよ / 東京サミコ」ラスト部w。

うばうば館
はいっ!
暑中御見舞い申し上げ候っ。

80年代曲集銀座ライブ
おつかれサミでしたっ!!

ヤバかったですっ。
超楽しかったですっ!!

ってか、ひサミぶりに
ものごっつぅ
大声出しましたよ?!

いやーーーっ、この時代の邦楽、
キーがべらぼうに高しっ!

今回は特に
地声ロングハイトーンの多い選曲だったので、
耳の穴や毛穴、、、そう、全身の穴という穴がワジワジしてます。
(*下ネタではありませんっw)

あ、今回の三味線曲ではバチは粉雪にならずにすみましたっ!
(*代わりに駒が演奏中に行方不明になりましたっ^^;;;;;;;;)

いやはや、ほんとに日々是精進ですね〜!

ところで、この時代って
「歌い上げる文化」ってのが確かにありましたよね?

歌手、作詞者、作曲者、編曲者ってのが
くっきり分かれてたからでしょーか。

歌手は心置きなく
歌うことに集中してた時代ってゆーか。

そう、今回のセッションはそんなそれぞれの分野の
プロフェッショナルな諸先輩の方々に敬意を表しながら、

そりゃもう、1曲1曲至極丁寧に、
(あ、普段のライブが雑ってわけじゃないですよーっw)

なんか、力の入れどころが違うってゆーか
(*これも下ネタではありませんっwww)

えっと、まるでカラオケ大会の審査員で呼ばれた後に
ゲスト出演で歌う時のような気持ちってのに近い(…?w)、、、

、、、そんな厳粛な感じで臨んでみましたっ!

なんにせよ、この辺りの楽曲たちを
バンドで歌わせてもらえる機会なんて
タローちゃんセッション以外では
まずないので笑っ!!!

今回もいろんな発見があって
楽しかったですっ!

>>タロちゃん、お誘い感謝っ!

そして、>>安心と信頼のメンバーの皆様!
ほんとーーーにおつかれサミでしたっっ!!

そしてそして、>>暑い中足を運んでくださった皆様、
ありがとうございましたっっっ!
これに懲りずに、またよろしくです(笑)!!

・・・と
その足で京都へトンボり、、、

・・・で
すぐに東京へトンボり、、、


はい。
帰ってきました、東京にw。

ええ。
無事に戻ってこれて
よかったです。

とりいそぎ、以下、角倉研究の続きです。

ミツエの角倉稲荷神社

さて、京都嵐山にひっそりと佇む
角倉稲荷神社。

実は今回ちょっと
胸を痛める光景が
目の前に。

そう、なんと神社の真ん前に
古紙の山が・・・!!

パッと見
神社がゴミ捨て場に〜?!

恐る恐る
近づいてみると、、、

なんと神殿に直で
古紙回収所の看板が
貼り付けられてるっ!!

・・・すごーく複雑。

そして
神社の裏手側に
やはりひっそりと佇む
「安倍晴明」さんのお墓。

角倉稲荷神社の裏にある安倍晴明のお墓

訪京のたびに
どこが管理をしているのか
周辺の住民の方々や
関係者(と思われる方々)に
たずね回ってみてはいるのですが

どなたも
ご存知ではない、、、と。

 


ちなみに前回も

二条城関係の事務局の方々に
お聞きしてみたのですが
やはり何の情報も
得られませんでした。

つまり「角倉稲荷神社」も
「安倍晴明さんのお墓」も

現在、管理をされる方が
誰もいらっしゃらない・・・

うーむぅ、、、。

ってか、
了以さん没後400年式典の時に
比叡山延暦寺
(*前年祭は清水寺で開催)
に、全国から集まっていた
あの大勢の関係者の皆サミは
どこに消えたのだ・・・?!

 

では、何度も言いますが、、、

帰ってこいや〜!!

by ミツエ。

なんつーてなんつーて。

でわでわ、おあとがよろしーよーでっ!

 


「東京サミコ」@車折神社(京都府京都市右京区嵯峨朝日町23)

 

うばうば館
*「東京サミコ、高瀬川二下ル」につづく!!
(何かと作業が遅れててサミませんっ!!)
今回、有馬側の「寺田屋」にも足を延ばしてきましたよ〜!
(シノブが焼きもちを焼くのでwww)

まだまだ、あちぃけどサミーより

東京サミコ、元離宮二条城ヘ入ル。

どもども
赤サミコですっ!

 

あら、赤いのもいたんですのね?


どうやら赤サミコ、黒サミコって
ツインキャラみたいですよっ?


・・・裏サミコってのもいたりして???


いい質問ですねぇっ♪

 

フジコならぬ東京サミコ・モデルあら、呼びまして?

 


・・・じゅるっ。

あ、ところで!ストーンズ展行ってきましたよーっ!!
GW京都イベント終わってすぐモルジブに飛んだので
今回のは行くの諦めてたんですけどね。
(期間延長あざーーーす!www)

それもこれもマリアンヌさんのおかげですっ!(←謎;)

 


キャラの交通渋滞や〜〜〜っ!!

 


・・・。


なんだかサミコさんの宇宙学って
奥が深いんですのねぇ。

 

もとい。
(サミませんっwww)

えっと、
黒サミコ赤サミコが
さりげなく手にしているのは
ご存知フジコちゃんモデルの
ワルサー!!(・・・のおもちゃw)で

フジコならぬ東京サミコ・モデル


ってかフジコちゃんのモデルが
←マリアンヌさんなんどすて。


なるほどなるほど。


*以下、内容のないハセオ・ワルサー通信からの・・・!!


⭐︎東京サミコ@ソウル明洞実弾射撃場より愛を込めて⭐︎

 


のっけから、長〜いフリで
大変申し訳アリマせんっ!

今回の京都は
思いのほか採れ高もよく、、、w


(・・・の前に、、、)
この度素朴な疑問が解明しましたっ!!


ひらがなの「へ」と
カタカナの「ヘ」って
微妙に違うんですってっ!!

どうやらカタカナは
漢字から来ているので
若干角ばってるらしいデス

あと、漢字の「二」と
カタカナの「ニ」も
違うみたいですね。

 


あらためまして
マグダラの有馬ですっ!

 

(えーーーーんっっっ(>、<)っっっ!)
今回は「角倉(すみのくら)」の番じゃないのー???

 

・・・しつこいのはお好き?

 

 

シノブさん、ごめんなサミ、
ミツエさん、お待たせしました!

 

「東京サミコ、元離宮二条城ヘ入ル。」

始まり始まり〜〜〜!!

 


これは京都の二条城の敷地内の
清流園について書かれた立札です。

そう、読んでびっくり・・・!!
ぬぁーんと!!

この清流園て
我らが「角倉家」ゆかりの
庭園なんどすて・・・!!

ぬぉっ?!

日本庭園といえば
寅太ひぃじぃの管轄じゃないですかっ。

寅太ひぃじぃ→

呼んだかの?

←シノブ

いえーい!!


だから〜〜〜っ!!
今回はシノブ(有馬)じゃなくて
ミツエ(角倉)がメインですからっ!!

 

なんにしてもやはり、、、

 

シノブ♂

ミツエ♀

、、、たちが
ひっついたのは

この辺りの因縁が
関係している・・・っ!?

 


もといw

はい、江戸幕府の始まりとともに
最初と最後のあれこれを
きっちり担当していた二条城。

特に幕末の事情から察するに

恐れ多くも
そんなこんなな二条城側には

薩摩女のサミコなど
到底ウェルカムされないのではないかと
入城を敬遠しておりましたが・・・

でも、ま、我らが天璋院さまは
そもそもが慶喜さま推しっ!だったわけで。

あの時代って
もはや誰が敵で誰が味方かなど
本人にしか分からない
(本人ですら分からないw)

っちゅーわけで

角倉了以研究会より
この度ご縁をいただきまして

恐れ多くも
二条城内部探索係という大役を
仰せつかりました〜〜〜っ!!

ええ、そう。

なんせ炎天下の下で
途中から屋外だったんです。

でも、使命感に燃えつつ
ひたすらてくてく、、、、

、、、って、あれ?
清流園ってどこよっ!!!

二条城Mapを見ても
おそらくこの辺のはず・・・?

、、、、、

すると音声ガイド21のあたりで
とある涼しげな茶屋を発見しまして。

吸い込まれるように中へ。


和楽庵

 

そこで、ぬるーーーーーーーーーーーい「ほうじ茶」と
あまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい「ゼンザイ」を
いただきました。

ちなみにこのゼンザイ、疲れた体に染み入る甘さでした。
通常はおそらく虫歯に染み入る類のやつですよ!
おーっほっほっほwww

 

 

 

 

そして、ふと辺りを見渡せば
そのへん一帯が「清流園」だったというわけです。
(灯台元暗しw)

 


何はともあれ
「清流園」の庭園の一部を披露いたします。

 

つづく。

薩摩有馬 VS 京都角倉《デジャ部》


いやぁ、西郷(せご)どん、
どっかーんと始まりましたネ♪

やはり大河ドラマは
幕末時代が盛り上がりマス〜!!


ー ところで沢村一樹サンはさすがは薩摩出身ですネ
カゴンマ弁がわっぜぇうまかど〜っ!w
「翔ぶが如く」のときの坂上二郎サンを彷彿とさせるような
ごくごく自然なセリフまわしなので
聞いてて自然と顔がにやけマスw

 

んと、何の話でしたっけ、、、ジュルッ

あ、幕末時代の大河ドラマが
盛り上がるって話デス

なんてったって、

「薩摩」「京都」がいっぱい登場するのでっっっ!!

 

というわけで、デジャ部ってみました!

薩摩有馬 VS 京都角倉《デジャ部》


シノブとミツエは元気ですかっ
相変わらずラブラブですかっ


ども〜!おひサミぶりですっ♪

デジャ部、あざーーーっす!!
by (がん)ばるサミ子。


〜もろもろの復習は以下よりどぞ!!
(*「Sammyのうばじゅ便」記事参照)
・薩摩有馬 VS 京都角倉《前編》
・薩摩有馬 VS 京都角倉《後編》

 

ま、コチラの研究に関しましては
幕末というよりは大正ロマン系、、、

、、、かと思いきや、なんのなんの、


《*これが噂の「シノブの家系図」の最上部デス》

 

大正、幕末を軽く通り越して江戸時代初期、、、
さらには、飛鳥時代にまでどんどんさかのぼり、、、

さかのぼり過ぎて
一瞬、地球が生まれる前の
ビックバン時代とかにまで
迷いこんでしまいましたが、、、あはは。

 

(*ワタクシ研究の途中でよく脱線するんですよねー^^;)
なんだか妙に地球がいとおしくなって地球儀を買いに出かけたり、、、

突然エビに会いたくなってに出向いたり、、、、、、
(↑↑↑)紛らわしくてサミませんっ。
(*そう、24ptぐらいまででっかくしないとバとパの区別がつかないもやう。

、、、UFOが現れるという噂の地に出向いて天体観測のデータ録りに勤しむなど、、、

「これからひとりで富士山に登りマス宣言」
@箱根駅ホーム
記者会見

、、、直後の一枚。

、、、しばらく宇宙界隈浮遊したりしましたが、


なんとか無事に「地球」に戻ってきました、まる

 

もとい、

ま、てっとり早い話が、

ー 歴史って繰り返すよね〜?!

ってことで、たいがいのことは
説明はつくんでしょうけど

そんな簡単にかたづけても
ぜんぜん面白くな〜い!!!

っつーわけで、せっかくなので
ご先祖様から代々受け継がれてきてる
いいもん悪いもんも、、、
(つまりは財産も借金も….)

そう、全てを受け入れる覚悟で
(大事大事w)

気の向くままそそられるまま
家系調査を続けて早3、4年、、、???
(5年???…ま、いっかw)

、、、ええ、そうなんデス

かなり無理矢理なシノブの主張


まんざらでもなきにしもあらずんば、、、

っちゅーわけで、

歴史好きが功を奏して
もろもろぬるりと佳境デス〜!!

 

えっと、、、

シノブサイドの「寅太ひぃじぃの日本庭園探し」に関しましては、
カルフォルニアのサンマリノ地区にある

ハンティントン図書館」
The Huntington Library, Art Collections, and Botanical Gardens

、、、なるものに目星をつけて
なんと JTB USA さんのご協力のもと
現在本格的に調査中デス〜!!

 

 

あ、ミツエサイドの方は、、、
(↓)

*fbページ*
「角倉了以とその子素庵を大河ドラマにする会」

、、、なるものにも入会して

>>管理人さま、
>>>完全に幽霊部員でサミませ〜んっ!!
(なんせfacebookじたいかなり放置してるので….zzz)

 

*「了以さん」の偉業凡業を目下おさらい中なのデス…

《*サミ子のおさらいトピック》

角倉家(角倉稲荷神社)と安倍家(安倍晴明のお墓)の関わりとは?
・安倍晴明と藤原(中臣)鎌足の関わりとは?

つまり、この2つのざっくり壮大なテーマを掲げつつ
家系図やらgoogleやらを駆使してある程度の目星を付け

京都嵐山地区ゆかりマップ 京都市内のゆかりマップ

日本各地(京都、奈良、有馬温泉、和歌山、長崎、鹿児島)や
世界各地(主にカルフォルニア方面)に用事ができたときに延泊して
もろもろのゆかりの現場に赴いて細か〜くしつこ〜くねちっこ〜く

 

ー 呼んでません。

(もとい。)

、、、調べまくることで

”有馬(藤原)忍”  VS  ”角倉ミツエ”

因縁 解明させてみよう企画〜〜〜!!

、、、というわけなんデス。

(*できれば平成のうちに、、、、が目標デス!)

ね?わくわくするでしょwwwむふふのふ。

 

大悲閣山 千光寺
か〜以よ〜!ひさみちゃ〜ん!!
by 了….
むふふのふ。

ウババババ………

もとい。

今回は薩摩側、、、ええ、そう、
シノブ」サイドの方に
焦点をしぼってみたいと思いマス〜!!

なのでミツエさん、ちょっと待っててね

(*忖度って大変だにゃー!!)ボソッ….



なんちな?どっちでんよかたっがwww

**************************************************************************************

でわでわ〜♪

まずは、シノブ家系図に登場する
御仁たちを以下へピックアップ。
(*イラストはサミ子の想像でごあすw)

************************************************************************************************

           

  1 有馬忍     有馬寅太    有馬友助      有馬善左衛門
  (サミ子のじぃ)          (サミ子のひぃじぃ)     (サミ子のひぃひぃじぃ)  (サミ子のひぃひぃひぃじぃ)
大正7年(1918年)
7月23日生まれ
明治16年(1883年)
4月15日生まれ
嘉永4年(1851年)
(弘化4年という説も
生まれ
 文政4年(1821年)
生まれ
武士名:藤原高次
幼名:千代吉
武士名:藤原高正
幼名:千代助
武士名:藤原高堅
幼名:善太郎善助仁左衛門
平成26年(2014年)
1月10日(享年97歳)没
昭和30年(1955年)
11月12日(享年72歳)没
明治37年(1904年)
12月9日(享年53歳)没

文久3年1863年没

を含め「有馬家家系図〜鎌足から忍まで」と「有馬寅太の戸籍謄本」等を解読中デス。
また南洲神社にも調査員を派遣してある重要な事実を突き止め候。しばしお待ちくだサミ〜!

 

 

 

〜つづく。

 

 

 

2017年のごめんなサミ。

どもども、サミーです。

んっとですね、実はですね、ズバリ、

「今再びのパリ(仮)」の件なのですが、、、

ええ、そう、去年の案件ですよねっっっ!
はい、いまだ「裏じゅ便」にアップできておりません、、、

サミませ〜んっ!!

そうなんです、実は第2弾もパリだけではなく
ベルギー、ルクセンブルグと三角移動しているため
ネタがけっこう満載がゆえに、、、

あ、いえ、言い訳はいたしません。
とりいそぎ海のモノたちによる予告編だけでも以下w。

 

ベルギーのムール貝


ルクセンブルグのエビ


パリの牡蠣

 

、、、がん・ばるサミ子。

ヒサミ・エクスペリメンツ!!

さてさて、ひょんなご縁により
開催に至りました「ヒサミ・エクスペリメンツ」

12575783_985541318187589_1498110553_n

 

 

 

 

ビデオ・セッティング中♪
がっ!しかし!
、、、ビデオ撮れてません!!
(サミーあるあるw)

 

 

もといw。

今回最大の実験要素はこのシャバダバダな編成、、、

音数の少なさに
もっとさびしい思いをするかと思いきやっ!!

なんのなんの、、、

さすがは鈴木タケオ福田亮のご両人!!
だてにクサい飯を食った仲では有馬せん。
(以下、感謝状の図。)

表彰状3

表彰状1

ととと、、、

肝心のライブ画像は以下。

12606755_985541404854247_71214503_n

【シャバダバダの図@1/21渋谷Wasted Time(写真提供: “D”フレンドの坂入さん】

 

そう、本番もそうでしたが
今回特にライブに至るまでのプロセス が非常に面白かったデス!

メロディ、ハーモニー、リズム、、、、
という音楽の3要素(と表向き言われているもの)
を再認識させられる瞬間がいっぱいありました。

そして、

魂、根性、そして裏切り(と裏で囁かれている)音楽の裏3要素、、、

もしかりw。

 

、、、かーらーのー 音楽実験!!

やっべーぞ。

実験、それは私にとって生きていく上で欠かせない最大のエサなのです!

 

実験経験となりそしてその経験があらたな実験を呼ぶ。
(ジミヘンもそーゆーのが言いたかったんだと思う!www)

よするに、墓場までそれの繰り返しなのですね〜!!うっひょー。