毎年恒例「年末びとるず」→「2020年始」に開催のお知らせデス〜!

うばうば館

[A Tribute To THE BEATLES 2020]
2020年1月21日(火)

吉祥寺 STAR PINE’S CAFE
https://mandala.gr.jp/SPC/
東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目20-16
トクタケパーキングビル
Tel:0422-23-2251

本園太郎[Vo], 川尻一明[Vo&Gt], 青山浩之[Vo]
Sammy[Vo], 松田肇[Gt], 宍倉聖悟[Gt], 山田章典[Ba]
田中徹[Dr], 前田卓次[Per], 野崎洋一[key]
梶谷裕子[Vn], 丸山明子[Vn], 田中景子[Va], 橋本歩[Vc]

開場 18:30 / 開演 19:30
前売¥3800+1drink / 当日¥4000+1drink
前売り:SPC店頭販売 / SPC HP予約
https://mandala.gr.jp/SPC/2020_1


(テッド&ジジ 妄想爆走中・・・)

Jョン:ぬぁんだって?んだよっ!オレ、休みとってたのにヨォ〜。
Jョージ:あっは。どーせ、年始も暇なんだろー?
Jョン:ぐはは、バレた〜?
Jョージ:って、今日も暇なんだろ?飲もーぜ。
Jョン:飲もー飲もーwww

Pォール:おぉ、助かるわ。年末は家族サービスで忙しいのヨォ〜。
Rンゴ:どの家族?
Pォール:All my loving (^^)っ♪

ばる・サミコ、津軽三味線デビューの巻!

さてさて、ベーシスト山田章典氏との
おひサミぶりのコラボ企画
「サミーのGoodstock × 山田発ジョンとりミニ」

ジョンレノン・クロニクル!!


【12/17 大岡山Goodstock John Lennon Chronicle ♯1 より】

 

ズバリ、超絶楽しかったデス〜!

今回、強力な助っ人として
シンガーソングライターの龍之介さんを巻き込んでwの
ドタバタ開催だったのですが

>> 龍之介どの〜!
怒涛のご自身のツアー中にも関わらず
アリマとう&サミませぬ(笑)!!
またあらためてぬるり一献や・ら・し・く候!!

 

もとい。
……………..

そう、ワタクシ公言通り
ちゃんと三味線弾きましたのよ、こほんっ。

【*翌日の三味線バチ画像】

・・・えっ?!

 


ええ、そう。
ついつい力が入り過ぎたみたいで
バチが欠けて飛び散って
しまいましたが何かwww

 


「僕、粉雪が舞い散ったのかと思いました〜!(by 龍之介)」の件、検証中・・・


そうじゃ!
実はわらわは雪女だったのじゃ!

 

 

 

自主もとい。
セットリストは以下デス!


【1st set】
Woman
Revolution
Mother
I’m Only Sleeping
Come Together
Power to the People


【2nd set】
Oh My Love
Jealous Guy
I Feel Fine
Norwegian Wood
Imagine
Happy Xmas

【EC】
Starting Over

 


そう、例によって
誰が何を担当したかは
想像してくだサミ〜!!

 

そして今回めちゃめちゃお世話になった>> バイオリンのゆーこちゃん、三味線にマイク取り付けてもらって助かりました〜〜〜!どーもアリマとう!
それとゆーこちゃんの持ってきてくれたお琴(ハープ?)みたいな楽器も音色が超美しかった〜〜〜!!!
あと、リコーダーデュオ、楽しかったねっ〜〜〜!

これに懲りずにまたよろしくで〜〜〜っす!www

 

 

 

びとるず2018、つつがなく。

ぐふふふふふ。

「怒涛の3時間トイレ休憩なし」
〜びとるず20周年ライブ〜

つつがなく。

《今年のセットリスト》

1. Eleanor Rigby
2. The Fool On The Hill
3. Lovely Rita
4. Day Tripper
5. Yellow Submarine
6. Two Of Us
7. Michelle
8. Strawberry Fields Forever
9. Across The Universe
10. SGT,Pepper’s Lonely Hearts Club Band
11. Come Together
12. Get Back
13. Taxman
14. While My Guitar Gently Weeps
15. Nowhere Man
16. A Hard Days Night
17. Eight Days A Week
18. All My Loving
19. Help!
20. From Me To You
21. I Want To Hold Your Hand
22. She Loves You
23. Please Please Me
24. Golden Slumbers
25. Carry That Weight
26. The End
27. SGT,Pepper’s Lonely Hearts Club Band (reprise)
28. Twist And Shout
29. Hey Jude


誰が何を担当したかは
想像してくださいっ♪


・・・あ、呼びました?

あ、ごめんなさい、のれんさん。
まだ呼んでません・・・(汗;)

 

あとで呼びますーっ!!

もとい。

あらためまして
ライブにお越しいただいた皆さま
どうもありがとうございました〜!!

私自身、ボーカリストとして
このイベントに育てられた部分がとても大きいので
特に今回の20周年という節目のライブは

準備期間を含めて
リハ、本番、、と
終始感慨深いものがありました。

メンバー、スタッフ、お客さま、、、

そして何と言っても
「ビートルズ」に大感謝です。

主催の山田さんが
30周年を目指すとおっしゃってくれたので
少なくともあと10年は
ビートルズ曲を歌えるってことで
なんとも嬉しい限りです。



《今年のびとるずアート》

来年につづく

 


・・・あ、呼びました?

 

…..!!

はい、そうでした!
12月17日、お待ちしてまーっす!!

びとるず20周年〜!!

▽▼▽びとるずライブ宣伝動画▽▼▽



第20回びとるずライブ2018年11月14日(水)
吉祥寺スターパインズカフェ

******************

うわさの
「びとるず動画祭り!!」

▼▽▼


コチラ


******************

あ、ご無沙汰してマス

【友情出演:ジョン・のれん】

 


わーっっっ、のれんさん!
いらっさーーーい!!!

どもども、のれんさん
おひサミぶりデス!
大変お懐かしぅございマス!!

そーなんどす。

『山田びとるず』が
今年なんだかんだで20周年!!
という節目らしいので

あらためて
『サミーのびとるず歴』も
まとめてみました。

ではでは
サミーのびとるず・ヒストリーツアーへ
いってらっしゃ〜い!!

《サミーのびとるずヒストリー》

サミー4歳
(北九州市小倉南区)

ヤマハエレクトーン教室に通いはじめる。
はじめての練習曲は
ビートルズの『All my loving』だった。


そのときの楽譜の上に

”レノン・マッカートニー作”と書いてあったので
レノン・マッカートニーという人物がいるのだと
その後しばらく誤解をすることになる。

サミー10歳
(福岡市南区)

はじめてひとりで美容室に行く。

美容室のお兄さんが

『この曲の中で
ジョンレノンが
死亡したときのニュースが
流れてるんだよ

と言いながら
オフコース の『I love you』を
流してくれた。

『ジョン・レノンって・・・?』

そんな流れで
ビートルズの存在を知ることとなり
ここでやっと
『レノン・マッカートニー』の謎が解ける。

サミー20歳
(鹿児島県鹿児島市)

ライブハウス『BLUES T-BONE』で
『ジョンレノン追悼ライブ』を企画。

このとき客席にいた外国人に
英語が通じず傷心、渡英を決意する。

サミー21歳
(イギリスボーンマス)


 

『元祖マグダラのアリマ(イギリス1991編)』
裏じゅびんにアップしました〜!!

 

もとい。

サウスボーンスクールに入学。

週末はコーチ(バス)で
ロンドンやリバプールに出向いて
ビートルズゆかりの土地巡りをしていた。

スクールの毎週月曜日の朝礼で
『イマジン』を皆で合唱するときの
ピアノ伴奏に抜擢される。

ある時近所のパブで
カラオケをバックに
ビートルズ曲を歌っていたら
お客さんに1ポンドをもらった。

それに味をしめて
サタデーナイトでちょいちょい
投げ銭カラオケライブを
行うようになる。

そんなある日
スクールのサイモン先生から
ギターが弾けるという
サイモン先生のお兄さんの
マイクさんを紹介してもらい
ユニットを結成。

このユニットで
地元ボーンマス国際センターの
ジョンレノン追悼コンサート

『Happy Christmas』
に出演する。

サミー22歳
(東京六本木)

六本木のとある高級クラブで
ビートルズの曲(キーはC限定)で
弾き語りのアルバイトを始める。
(とある事情でお店をクビになるがここでは割愛w)

そんなこんなで
池袋のライブハウス『Adm』で
ジョンレノンのトリビュートイベントを企画。

ここで『ジョン・のれん』が誕生し
以来毎年トリビュートライブを
開催するようになる。

’93 12/8
JOHN TRIBUTE
池袋Adm
じょんのれん
’94 12/8 JOHN TRIBUTE 池袋Adm
じょんのれん
’95 12/8 JOHN TRIBUTE 池袋Adm
じょんのれん
’96 12/7 JOHN TRIBUTE 池袋Adm
じょんのれん
’97 12/9 JOHN TRIBUTE 池袋Adm
じょんのれん

 

1998年はエフコラデビューにつき
トリビュート活動は休止。
この時、事実上の「じょんのれん」廃業。

翌年Sammyのイベントとして復活。

’99 12/8 JOHN TRIBUTE 池袋Adm Sammy+ELB

この時
現・びとるず仲間の
ボーカルの太郎さんや
ギターのマツさんたちと
知り合う。

 

そんなこんなで2000年は
3つのジョンレノントリビュートに
ミレニアム参加。

’00 12/4 JOHN TRIBUTE 渋谷クロコダイル Taste of Money
’00 12/6 JOHN TRIBUTE 鶴瀬パオパオ Sammy
’00 12/8 JOHN TRIBUTE 池袋Adm Sammy+ELB

 

’01 12/10 JOHN TRIBUTE 渋谷クロコダイル 山田章典バンド

山田さんのジョンとりバンドに
正式に加入。

’02 12/9 JOHN TRIBUTE 代官山おまもり 山田章典バンド
’02 12/15 JOHN TRIBUTE 鶴瀬パオパオ 本園太郎バンド
’03 12/5 HAPPY X’MAS 横浜Club Lizard 本園太郎バンド
’03 12/8 JOHN TRIBUTE 江古田BUDDY 山田章典バンド
’03 12/11 びとるず的な。 代官山クラッシックス さみぃとまつ

’02~’03にかけて
メンバーが被りつつの

いわゆる
トリビュート渋滞が起こりまして。

2004年の

12/6 (mon)
“ A TRIBUTE TO JOHN LENNON 2004 ”
吉祥寺『STAR PINE’S CAFE』

を境に、なんとか
ひとつにまとまりました。

以来、サミコ的には効率の良い
この『吉祥寺びとるず』が
年に一度の風物詩となりまして。

ま、途中
「ジョンとり」から「びとるず」に
変換するシーンもありましたが。

*うばうば館の表示が不安定なため
特設ページを作成しました。

▼只今、期間限定開催中〜!!▼

びとるず動画祭り

おヒマな時にどぞ。

・・・現在に至る。

・・・みたいなwww
ご静聴ありがとうございました。

 

******************

A Tribute To THE BEATLES 2018
~ 20TH ANNIVERSARY ~
2018年11月14日(水)
吉祥寺 Star Pine’s Cafe

開場 18:30 / 開演 19:30
前売¥3700+1drink / 当日¥4000+1drink
前売:SPC店頭販売 / SPC HP予約
http://mandala.gr.jp/SPC/2018_11

 

Happy Birthday “Hisami Sammy Ar” @ Starbucks in Copenhagen Airport

ではでは、スタバならぬ
スタでお待ちしてまーっす(^^)/

 

ナニかと20周年ですがナニか

 

ハーイ、コニチハ!!
サミくなってきましたわね
ごきげんうるわしゅぅ

【友情出演:甲南リカちゃん(冬服)】

 

はい、ってなわけで

今年は

『SEA SIDE WOMAN BLUES 物語』

CD発売企画の後20年。


SEA SIDE WOMAN BLUES 物語(前編)
SEA SIDE WOMAN BLUES 物語(チェイサー編)
SEA SIDE WOMAN BLUES 物語(後編)

 

んでもって、エフコラが結成して20年。

絶賛パンドラ遂行中〜〜〜 (^^)/

 

そして

「びとるず」も20周年。

これからパンドラ〜〜〜 (^^)/

 

あ!ところで、
びとるずの開催地、
吉祥寺のStar Pine’s Cafe も
お店ができて今年で20年なんどすてっ!!
すんごい偶然ですね〜〜〜!!

 

まさに、ここんところの

サミコのパンドラは

20周年ブーム!!

 

でもって、来年

デジモン放映20周年、、、と

ブームはしばらく続きそうです。

 

で。

以下、恒例のチェイサー編デス????

『サーフィンM・A・C』
サエキけんぞうと水死体ビーチ・ボーイズ

Mac’n Roll Night(1998年3/20 赤坂BLITZ)

 

そ、そ、そうなんどすて。

あの幻のバンド

『サエキけんぞうと水死体ビーチ・ボーイズ』も

結成20周年なんどすて。

(*サミコは虹色アフロの水死体Aの役で出場してマス

 


ってか、あれって”バンド”なんですの?

 

そう、このバンドは

mac(こんぴゅーた)OS8が登場した時代に

mac が主催した“Mac’n Roll Night ’98”

というイベントのために

サエキけんぞう氏が徴集した

企画バンドだったのですが

実はこのバンドで

ギターを弾いてらした

天然アフロのタコウさんと

先日の


「風」を感じました!@お台場観覧車

の時に

再会したのでアリマ〜〜っす!!

!!

そう、、、4月の顔合わせの時に

この方ってどこかでお会いしたことあるわと

脳内をぐるぐるさせて・・・

 

突然、

 

あーーーーーっっっ!!!???

あの、水死体のときの????

、、、的な感じで

閃きまして・・・(笑)

 

いやぁ、びっくりしました〜!!

 

ま、そんなご縁もあって

ライブ1曲目の

『勇気を受け継ぐ子供達へ』

のサミーパートを

タコウさんと一緒に

ユニぞったりなんだり。

 

でね、

それだけじゃないんですよ〜!!



これぞサミコ・エピレポの真骨頂w

 

 

実はもうひとつ

20周年があったんどす。

 

そう、同じく3回忌ライブの時

アーティストとして登場していた

ベーシストのIKUOサン。

実はなんと

当時の我々の所属事務所
だったんどすってぇぇ!!
(=パイオニアLDC)

!!

 

そう、パイオニアのロゴが

まだ割れていた→あの時代に

恵比寿のLDCビルの中で

すでにご挨拶してたんですね〜?!

 

そういえば、あのあとすぐロゴが



に変わったんでした!

でしたでした!!

 

つまり

パイオニアロゴ変更になって

20周年〜!!


 

いやはや

なんだか人生って面白いですネ

 

パイオニアが新ロゴになって
初めてこの世に出したCDが
エフコラの『Today』でした(^^)/


でしたでした!!

 

 

ま、何はともあれ

冒頭でも甲南リカちゃんが

言ってましたが

ほんとにサミーくなってきたので

皆サミ何卒ご自愛くだサミ。

 

ではでは、おあとがよろしいようで。

20周年ブーム後半戦へつづく

 

、、、かーらーのー、DEAR JOHN!

こほんっ、

まずは、興奮冷めやらぬうちに、どんぞどんぞw。

 

(*写真はお客さまからの頂き物デス!いつもありがとうございマス!)

Sammy コーナー – 1st. stage

2017年びとるず音楽隊@吉祥寺 – 2nd. stage

そうなんです、レノンさんのおっさるとーり
来年はびとるず開催20回目、、ということで、
何やらいろいろともくろんでいきそうな雰囲気も
ありそうでなさそうな(どっちやねん!w)、、、的な。うふふのふ。

乞うご期待〜〜〜!!
たぶん、詳細は早めに発表できるかと〜!

びとるず責任者。w

そう、ベース山田サン(↑)の年末スケジュール次第ですが

 

でわでわ、
なにはともあれ、

連サミ。(Xmasバージョン)

ベリーメリーサミークリスマス〜〜〜!!

 

 

 

びとるず2017、その後。

『2017年サミーの妄想録@なんちゃってサブマリン』より ー

ジョン:よう、ジョージ、どうやら今年のびとるず終わったっぽいぜ?

ジョージ:・・・。(←カラオケ熱唱中)

ジョン:それにしても毎年よくもまあ懲りずにやるよな、このバンド。

ジョージ:・・・。(←カラオケ余韻中)

ジョン:来年は開催20回目なんだってよ?

ジョージ:・・・。(←カラオケ選曲中)

ジョン:それはそうと日本酒と温泉のセットって強力じゃね?

なんだか眠くなっ…..

ジョージ:・・・ん?ジョン、何か言った?

ジョン:……… zzz

 

 

続『なんちゃってサブマリン』より ー


ポール:このO.A.弾き語りのコ、すっげぇかわいくね?

リンゴ:それよりさ、柿と栗とどっち先に喰ったらいいと思う?

 

 

 



…つづく。

 

 

今年のびとるず、つつがなく。

12321128_10205136521521746_6656814776860857669_n

 

いやーーーーーーっっっ!
今年もおつかれサミでしたぁぁぁ!!!

 

何はともあれ、びとるず主催者山田章典 サン!!
新規プロジェクト 2 3

今年もありがとうございましたっ!!

ほんとに毎年そうなんですけど
楽しい時間ってあっとゆーまに終わってしまうのですねぇ。

 

sammys
*サミーコーナーの動画はうばうば館にて絶賛公開中!!
 
そしてそして、、、

12362985_1845817792308305_5214327165049846116_o

12371020_1845817938974957_4642490301935914826_o

12341398_1845817855641632_8500740918560750861_n

【photo by 籠島裕昌さん☆】

*鍵盤の籠島さんがモニュメントの写真を撮ってくださっておりましたっ♪
自分で撮り忘れてたので(汗;;;)、めちゃくちゃ助かりました〜〜〜!!
籠島さん、ありがとうございますっっっ!!!