ナニかと20周年ですがナニか

 

ハーイ、コニチハ!!
サミくなってきましたわね
ごきげんうるわしゅぅ

【友情出演:甲南リカちゃん(冬服)】

 

はい、ってなわけで

今年は

『SEA SIDE WOMAN BLUES 物語』

CD発売企画の後20年。


SEA SIDE WOMAN BLUES 物語(前編)
SEA SIDE WOMAN BLUES 物語(チェイサー編)
SEA SIDE WOMAN BLUES 物語(後編)

 

んでもって、エフコラが結成して20年。

絶賛パンドラ遂行中〜〜〜 (^^)/

 

そして

「びとるず」も20周年。

これからパンドラ〜〜〜 (^^)/

 

あ!ところで、
びとるずの開催地、
吉祥寺のStar Pine’s Cafe も
お店ができて今年で20年なんどすてっ!!
すんごい偶然ですね〜〜〜!!

 

まさに、ここんところの

サミコのパンドラは

20周年ブーム!!

 

でもって、来年

デジモン放映20周年、、、と

ブームはしばらく続きそうです。

 

で。

以下、恒例のチェイサー編デス????

『サーフィンM・A・C』
サエキけんぞうと水死体ビーチ・ボーイズ

Mac’n Roll Night(1998年3/20 赤坂BLITZ)

 

そ、そ、そうなんどすて。

あの幻のバンド

『サエキけんぞうと水死体ビーチ・ボーイズ』も

結成20周年なんどすて。

(*サミコは虹色アフロの水死体Aの役で出場してマス

 


ってか、あれって”バンド”なんですの?

 

そう、このバンドは

mac(こんぴゅーた)OS8が登場した時代に

mac が主催した“Mac’n Roll Night ’98”

というイベントのために

サエキけんぞう氏が徴集した

企画バンドだったのですが

実はこのバンドで

ギターを弾いてらした

天然アフロのタコウさんと

先日の


「風」を感じました!@お台場観覧車

の時に

再会したのでアリマ〜〜っす!!

!!

そう、、、4月の顔合わせの時に

この方ってどこかでお会いしたことあるわと

脳内をぐるぐるさせて・・・

 

突然、

 

あーーーーーっっっ!!!???

あの、水死体のときの????

、、、的な感じで

閃きまして・・・(笑)

 

いやぁ、びっくりしました〜!!

 

ま、そんなご縁もあって

ライブ1曲目の

『勇気を受け継ぐ子供達へ』

のサミーパートを

タコウさんと一緒に

ユニぞったりなんだり。

 

でね、

それだけじゃないんですよ〜!!



これぞサミコ・エピレポの真骨頂w

 

 

実はもうひとつ

20周年があったんどす。

 

そう、同じく3回忌ライブの時

アーティストとして登場していた

ベーシストのIKUOサン。

実はなんと

当時の我々の所属事務所
だったんどすってぇぇ!!
(=パイオニアLDC)

!!

 

そう、パイオニアのロゴが

まだ割れていた→あの時代に

恵比寿のLDCビルの中で

すでにご挨拶してたんですね〜?!

 

そういえば、あのあとすぐロゴが



に変わったんでした!

でしたでした!!

 

つまり

パイオニアロゴ変更になって

20周年〜!!


 

いやはや

なんだか人生って面白いですネ

 

パイオニアが新ロゴになって
初めてこの世に出したCDが
エフコラの『Today』でした(^^)/


でしたでした!!

 

 

ま、何はともあれ

冒頭でも甲南リカちゃんが

言ってましたが

ほんとにサミーくなってきたので

皆サミ何卒ご自愛くだサミ。

 

ではでは、おあとがよろしいようで。

20周年ブーム後半戦へつづく

 

只今うばうば館にて「サミコのパンドラ×エフコラ20周年」連動企画「ちらみせ歌番」開催中〜!!


#7『Today/ef collage』

 


#8『I can see your smile !!/ef collage』

 

 

うばうば館コチラ

パンドラ企画#6_I can see your smile !!

「I can see your smile !! / ef collage」

作詞:有馬寿美/作曲・編曲:山崎燿(利明)

 

* ひとりじゃ生きていけない
 それが口癖だったよね
 あなたにもうすぐ会える
 はやる気持ち押さえられない

 うれしい時にはいつでも
 一緒に喜んでくれたね
 あなたにもうすぐ会える
 I’ts just it! maybe I can see your smile !! *

 

泣きじゃくってる子供の手が
知らんぷりの母親にのびる
キャンセル待ちの暇つぶしに
そんな景色眺めていた

やっと通過出来たゲート
目の前にさっきの親子連れ
大きい手と小さい手は
もうしっかりと繋がってた

人には分からない絆を またひとつ見つけたよ
今日この日にふさわしいプロローグ

 

ひとりでも生きていけると
強がった私を抱きしめた
あなたにもうすぐ会える
昨日は眠れなかった

辛い時にはいつでも
その胸で思いっきり泣いたよね
あなたにもうすぐ会える
I’ts just it! maybe I can see your smile !!

 

恋人っていうのとも違う
でもただのいい人でもない
私が気づかなかった私を教えてくれた人

人には分からない絆をまた確かめに来たよ
今日この日は最高のアニバーサリー

ひとりじゃ何にも出来ない
私の背中押してくれたね
あなたにもうすぐ会える
近づく程じれったいよね

旅立つ時にいつもの
大丈夫のひとことくれたね