徒然記
Vol.9

『サザエさん』

*******








はてさて
神無月ですね



*******


あ。えっと
そんな中途半端にひねらなくても


あっさりと、10月ですねって
ポップに始まりゃぁいいじゃん?


とかって
思ったりもするんですが。



先日、お客サミに
最近、徒然記が淡白になってきましたねって
ぬるりとダメだしなどいただいたものですから


やっぱプロとして
(なんのプロやねん)
やる気みせとかないと。。。ってことで






*******


ところで
旧暦の10月ってことは
現在の9月のことでしたっけ?

ってことは

『さぁて、長月ですね』
ってのが正しいんでしょか?

おっと、長月 神無月。

矢野さぁぁぁん!


もとい。

日にちって毎年微妙に
ズレこむんでしたっけ?

そういえば
今年の十五夜さんは
ジミヘンの命日と
かぶってましたね

去年の十五夜さんは確か28日ぐらいまで
ズレこんでましたが・・・?

えっと話がそれましたか。


もとい。

時節カレンダーって
ほんとめんどくさいですね


、、、ってのもめんどくさいですが


そう。

西暦を昭和に直すのってめんどくさいですよね




ジョン・レノン追悼ライブを12月8日に仕込もうとしたとき



あのぉ、サミーさん
現地時間で12月8日でも日本時間では12月9日ですよね?
だからジョン・レノントリビュートはイギリス時間の12月9日にやるのが正しいんじゃないんですかね?



とかって

ライブハウスのスタッフくんとかに突っ込まれるのと同じくらい
めんどくさいですね


2月29日生まれの人もめんどくさいんですってね
強制的に28日生まれにされるんですってよ?
ま、3月1日とどちらか好きな方を選べって言われるのも
かなりめんどくさいと思いますけどね

ってゆーか、円周率が『3』ってのもいかがなものかと・・・

うんぬんかんぬん





えっと。




で、
なんの話でしたっけ?





そうそう、神無月。

神無月。といえば
10月4日はジャニスの命日ですよね

ふむふむ

ライブじゃないですか。


座椅子の7つ道具のメンテは大丈夫でしょうか。





あ!
壊れてたトンボめがねを新調しとかねば!!


とはいっても

以前

新宿のガード下とかで
1000円ぽっきりで売ってた
あのいわゆるジャニスモデルのまん丸のトンボめがねが

ないんですよぉぉぉ!!!

どこ探してもぉぉぉ!!!


渋谷、原宿、浅草、
裏の路地あたりの怪しいお店も全部チェックしたのに

ないんですよぉぉぉ!!!


どこ探してもぉぉぉ!!!


で、

「とんぼメガネ」で検索してヒットした
めがねのサミーさん(←偶然にもサミーさん)とやらに
質問メールを出してみたんですけど

どーやらどこで手に入るかは知らないらしいんですよぉぉぉ(泣)!!!


で、

メガネ博物館とやらも覗いてみたりしたんですけど

やっぱりないんですよぉぉぉ!!!


どこ探してもぉぉぉ!!!(泣)




というわけで
とりあえず
さすがのおいらも断念して





オーダーメイド注文してしまいました(うふっ。)



はい。

 メガネ屋さんに置いてあった レンズの見本を持ち上げて

『あのぉ、。。サイズと色はこんな感じのレンズと、、、』



 

『このフレームを組み合わせて下さいませんかぁ?』

言ってみたら






こんなん出来ましたぁ〜!!


ってわけで♪




いや〜ん♪ウッキ〜!!




フルッフゥ〜って盛り上がってみたんですけど


あは。


で、

ジャニスにビジュアルも似てますよねーって言われるのは
喜んでいいのかどーなのか。。。

あれ?


んで、
なんの話でしたっけ?





あ、そうそう。


神無月。




そうなのです、
おいら神無月生まれなので


一歩間違えば
カンナちゃ〜んって
名付けられてしまうところだったわけで。。。


その他にも
秋に生まれたから『秋美』ってのも有力候補だったらしいけど。。。


もし秋美だったら
キミーとかって呼ばれてたんでしょうか


はたまたアッキーとか。。。あは。




いやいや、
そう、カンナちゃん。。。




ってか


いつになったら
『サザエさん』が出てくるんですかぁぁぁ?





*******



はい
みなサミ、

こんな感じでよろしくて?



みなサミも

だいぶ慣れてきたか
もしくは飽きてきたか








もとい、




おサミぶりにこの強引なフリをしたからには
きっちりオチつけとかないとっていうプレッシャーも
なきにしもあらずんば☆




サザエさんは実は
10月生まれなのだぁぁ。。。!!???


とかって
オチで終わろうってのでは決してなく、、、




サザエさんってば永遠の20代つながり〜!
ふんがふふっ

ってとこを広げたいわけでもなく


もっと単純に
音楽的な方向へいくんですよね




(えー?まだひっぱるんですかー?)





*******




(はい、ひっぱりましたが。)





やっと、はじまりますよぉ。



そう、

季節はちょうど神無月、、、、



あー、もうめんどくさいので
ずばり10月26日。


そう、おいらの誕生日です。



(な、長かった、、、やはり長月、、、じゃなくて神無月・・・あーん。ごめんなサミ。)




もとい。



それは、おいらが

ねーちゃんちに転がり込んだ年のこと、、、。




*******



そうなんです。

何をかくそう

おいらの初めての東京ライブハウス見物は


『銀パリ』

だったんです。


銀座デビュー!Fu〜!!



ええ。


これは一足早く東京に来て社会人になっていた
姉ちゃんから
妹への
洒落た誕生日プレゼントだったわけなのです。



おいらは当時
シャンソン。。。って聞いて

本気で

『えっと、それはお酒の一種???』

・・・的なノリだったわけで。


ま、姉ちゃんの方も
社会人になったばっかりとはいえ
妹の前でヘタはこけないというわけで

『東京の歩き方』で
事前に必死で勉強してくれておりました。

まだネットが普及してなかったですからね。

ま、その『銀パリ』というお店が
当時、東京でシャンソンといえばココ!みたいな感じで
格調高き有名な老舗、、、Gパン不可。。とかって
書いてあったらしく、、

姉の指導のもと
髪 をセットしてドレスアップして
銀座の街へ出かけたわけなのデス

今思うと微笑ましい想い出話なのですが
お 店に入った瞬間
姉を信じた自分を呪いま した。

ええ。
我 々をとりまく微妙な空気。


でも結果的に
その浮きまくったのが
目立ってよかったのでしょーか


ボーカルのお姉さまが
おいらたち姉妹にパッと目を向けて
休憩時間にやってきて
声をかけてくれたわけなのでした。


そうです、お待たせしました!!


このボーカルのお姉さまこそ、

日本国民なら誰でも知っている

あの サザエさん のテーマソングを歌っている

『宇野ゆう子』さん、

その人だったのですぅ!!!

わー。パチパチ☆

(やっとたどりつけまし たぁぁぁ、よかったよかった★)




その、ころころと笑いながらしゃべる様子は

まさにテレビの中の
『サザエさん』そのもの!!


その気さくな雰囲気に
すっかり打ち解けた私たちは

なんとずーずーしくも
姉妹そろって
ライブの打ち上げに
参加させてもらったわけなのデス


あ。『ライブの打ち上げ』っていっても
ワタミとかシロキヤとかそんなんじゃないんですのよ


な、なんと、

あの、高級寿司屋の、

『銀座久兵衛(キュウベエ)』ですよぉぉぉ!!!



おまけに

何でも好きなものを注文していいわよ♪

ですってぇぇぇ?!





ほんじゃ、遠慮なく




エビ、ボタンエビ、甘エビ
チェイサーに普通のボイルエビ、

エビリターン、
振り出しに戻って
エビ、ボタン。。。。




う〜む







パラダイス銀・・・(あ。古い?^^;;;;)





もとい。



いやはや。


おいら将来歌の道に進むかどうか、、、なんてことを
ふわっと考えていた時期だったので

ゆう子さんはいろんなエピソードやアドバイスなど含め
たくさんのエビを、、、でなくて、話題を提供してくれたのでアリマした、まる






*******



さて、時は流れて
話は帰りのタクシーへ。



当時のねーちゃんちと
ゆう子さんのうちが
実は同じ沿線上にある?!ってことが判明して


あら〜、通り道だから乗せてってあげるわよぉぉぉ〜




帰りの足まで
面倒をみてもらったわけなのデス



そう、

東京でタクシーデビュー!Fu〜!!
しかも長距離〜!Fu〜!!



いやぁ、夜景も楽しめて
いい日でした!!


ちゃんちゃん。



って
ここで終わっても充分なのですが



なんと
さらに大オチがあるのデス



なんと驚くなかれ

タクシーを降りる瞬間

ゆー子さんは

『あ、ちょっと待って』と私を引き止めて


『これ、ハダカで悪いけど・・・』っておっしゃいながら






金壱萬円



握らしてくれ たのですぅぅぅ!!




え〜〜〜???




『お誕生日おめでとう。これからも頑張ってね。』





きゃ〜〜〜〜!!!!



この先これっきり〜これっきり〜もう〜これっきりってことになるかもしれないこんな小娘に対して

聖徳太子
(←まだそんな時代でした)!!




いやはや、恐るべし。


その頃のおいらにとって
聖徳太子なんぞはめったに拝んだことがなく、、、。


お年玉ですら
岩倉具視(← そんな時代でした)レベルであったのに

惜しげもなく厩戸皇子(← まだひねるか)をくれるなんて人は


まるで神・・・


あ。『神月』。。。? (ボソッ)




なんてオチはいかがでしょ?


(よっ!座布団一枚っっっ!)



もとい、

あれ以来、ご本人に
お会いしてないんですけど


ええ。

そのあとおいらは鹿児島に戻って
大学を休学して
イギリス行って
イタリア行って
帰国して
鹿児島には戻らず
東京で音楽活動をはじめて
現在に至るわけなんですが


もし、あのとき銀パリで
ゆう子さんと出会ってなければ・・・


そう。

東京という街で
プロとして歌を歌って生きているゆー子さんのあのお姿を見ていなければ・・・


なんて考えてみたり。


この先果たして
あのときのご恩返しとかできる機会があるのかないのか



ゆう子さ〜ん!!お元気ですか?!

(笑)